2017.10.02

凱旋門賞結果 サトノダイヤモンドは15着

10月1日、フランスのシャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞(G1、芝2400m)は、イギリスのEnable(牝3歳)が勝った。2馬身半差の2着にはCloth of Stars、3着はUlyssesだった。日本から挑戦したサトノダイヤモンドは15着、サトノノブレスは16着に敗れた。

(さらに…)

2017.03.26

ヴィブロスがドバイターフを快勝。ドバイワールドカップデー各レースの結果

3/25(土)にドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデー各レースに出走した日本馬の結果。

(さらに…)

2016.12.11

香港国際競走でモーリス、サトノクラウンが勝利

12/11、香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競走の結果。

(さらに…)

2016.10.03

凱旋門賞結果 マカヒキは14着

uma_icon0110/2、フランスのシャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞は、イギリスのFound(牝4)が勝った。2着はアイルランドのHighland Reel。Postponedは5着、日本から挑戦したマカヒキは14着に敗れた。

(さらに…)

2016.03.27

リアルスティールがドバイターフを快勝。ドバイワールドカップデー各レースの結果

uma_icon013/26(土)にドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデー各レースに出走した日本馬の結果。

(さらに…)

2015.12.13

香港国際競走で日本馬が2勝

uma_icon0112/13、香港のシャティン競馬場で行われたロンジン香港国際競走の結果。

(さらに…)

2015.03.31

ハープスター、エピファネイアは惨敗。ドバイワールドカップデー各レースの結果

uma_icon013/28(土)にドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデー各レースに出走した日本馬の結果。

(さらに…)

2014.10.05

凱旋門賞結果 日本馬3頭は敗れる

uma_icon0110/5、フランスのロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1、芝2400m)は、フランスのTreve(トレヴ)が勝った。昨年に続いての連覇。2着にはFlintshire(フリントシャー)、3着はTaghrooda(タグルーダ)と思われる。日本から挑戦した3頭は、ハープスターが外から追い込んだものの6、7着くらい。ゴールドシップ、ジャスタウェイは後方に沈んだ。

Treveは本当に強い勝ち方だった。凱旋門賞の連覇は1977、78年のAlleged以来の快挙。今年は精彩を欠く走りを続けていたが、この本番で見事に力を発揮した。

日本馬は道中、ジャスタウェイが後方から、ハープスターが後方2番手、ゴールドシップが最後方から。直線ではジャスタウェイが内を突き、2頭は外へ。ハープスターが良い脚で追い込んできたものの時すでに遅かった。

結果は残念だったけど、挑戦は素晴らしいことと思う。今まで凱旋門賞での日本馬は、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル(2回)の2着が最高着順。いつかは勝つ馬が出てくれるのではないかと思っているし、これからも期待していきたい。

2014.09.29

10/5は凱旋門賞。ライバル馬をチェックして日本馬を応援しよう

uma_icon01日本時間の10月5日23時30分、フランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1、芝2400m)。日本からハープスター、ジャスタウェイ、ゴールドシップの3頭が参戦するということで盛り上がりを見せている。ライバルになりそうな海外の強豪をピックアップしてみた。

(さらに…)

2014.04.26

ハナズゴール、豪G1を制覇

uma_icon014/26、オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場で行われたオールエイジドステークス(G1、芝1400m)は、日本から遠征したハナズゴール(牝5歳、N.ローウィラー騎乗)が勝った。(JRA

ハナズゴールは道中最後方待機。直線外を回って豪快に7頭をごぼう抜き。2着のWEARYに2馬身の差を付けての快勝。

日本を離れ、豪州に遠征。ハナズゴールは3戦目にして念願のG1制覇を成し遂げた。3/22のクールモアクラシックは14着、4/12のドンカスターマイルは6着。3戦目ということで、ようやく現地に慣れてきたということもあるのだろう。今回は持ち味である末脚の切れを存分に発揮することができた。秋には日本で走る予定のようで、短距離戦線を盛り上げてくれそうだ。

2014.03.30

ベルシャザール、ホッコータルマエは惨敗。ドバイワールドカップ結果

uma_icon013/29、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ(G1、AW2000m)は、UAEのAfrican Storyが勝った。
日本から参戦したベルシャザール(C.ルメール騎乗)は11着、ホッコータルマエ(幸英明騎乗)はしんがり16着に敗れた。

ジェンティルドンナ、ドバイシーマクラシックを快勝

uma_icon013/29、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシック(G1、芝2410m)は、日本から参戦したジェンティルドンナ(R.ムーア騎乗)が勝った。1馬身半差の快勝だった。デニムアンドルビー(浜中俊騎乗)は10着に敗れた。

ジャスタウェイがドバイデューティフリー制覇

uma_icon013/29、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイデューティフリー(G1、芝1800m)は、日本から参戦したジャスタウェイ(福永祐一騎乗)が勝った。ロゴタイプ(C.デムーロ騎乗)は6着、トウケイヘイロー(武豊騎乗)は7着だった。

ちなみに、ドバイワールドカップの公式ページが全然繋がらず、JRAからも公式に発表がないので、RacingPost.comで着順の確認をしているだけ。どういう勝ち方だったのかは明日の競馬中継あたりでやるだろうから、そちらで確認したい。

ドバイワールドカップデー、ゴドルフィンマイルの結果

uma_icon013/29、ドバイのメイダン競馬場で行われたゴドルフィンマイル(G2、AW1600m)は、南アフリカのVariety Clubが勝った。
日本から参戦したブライトライン(福永祐一騎乗)は5着に敗れた。

2013.10.07

凱旋門賞はオルフェーブル2着、キズナ4着

uma_icon0110/6、仏ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1、2400m)は、T.ジャルネ騎乗のフランス馬Treveが勝った。日本から挑戦したオルフェーブルは昨年に続き2着、3歳馬キズナは4着に敗れた。

(さらに…)

Next »