« | »

2017.01.10

2016年のJRA賞 年度代表馬はキタサンブラック

JRAは1/10、2016年度JRA賞を発表した。記者投票の結果に基いた年度代表馬をはじめとする競走馬各部門の受賞馬は以下の通り。


年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 キタサンブラック
最優秀2歳牡馬 サトノアレス
最優秀2歳牝馬 ソウルスターリング
最優秀3歳牡馬 サトノダイヤモンド
最優秀3歳牝馬 シンハライト
最優秀4歳以上牝馬 マリアライト
最優秀短距離馬 ミッキーアイル
最優秀ダートホース サウンドトゥルー
最優秀障害馬 オジュウチョウサン
特別賞 モーリス

年度代表馬の投票結果は以下の通り。

1 キタサンブラック 134
2 モーリス 90
3 サトノダイヤモンド 66
4 該当馬なし 1

有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドが有利かと思っていたけど、1年を通じて活躍したキタサンブラックが最多の票を集めた。個人的にはモーリスの方が年度代表馬に相応しいと考えたが、キタサンブラックも決して相応しくないということではない。
なお、該当馬なしに投票した記者は、昨年もただ一人、年度代表馬に該当馬なしと投票していた。中京競馬記者クラブの会友らしいが、いったいどういうつもりなのか真意を聞いてみたいものだ。

12月の日記で書いた、俺の考えたJRA賞は以下の通り。

年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 モーリス
最優秀2歳牡馬 サトノアレス
最優秀2歳牝馬 ソウルスターリング
最優秀3歳牡馬 サトノダイヤモンド
最優秀3歳牝馬 シンハライト
最優秀4歳以上牝馬 マリアライト
最優秀短距離馬 ミッキーアイル
最優秀ダートホース コパノリッキー

モーリスは海外G1を2勝、国内でも天皇賞(秋)を制覇。年度代表馬に相応しいと考えたけど、海外競馬をどう考えるかは人によるところだ。もちろん、国内の競馬を盛り上げたという視点なら、キタサンブラックやサトノダイヤモンドの方が相応しいかもしれない。だが、これだけ海外遠征がコモディティ化している中で、海外競馬だから評価を下げる、もしくは評価しないというのはちょっと時代遅れに感じる。

最後に今回も、投票馬を公表していない、競馬マスコミの風上に置けない記者は以下の通り。

日刊スポーツ(1名)、デイリースポーツ(1名)、サンケイスポーツ(2名)、TBS東京放送(1名)、日経ラジオ(2名)、民放競馬記者クラブ会友(1名)、競馬ブック(1名)、優馬(1名)、東海テレビ(2名)、共同通信(2名)、報知新聞(2名)、大阪放送(1名)

詳細はこちら

日刊スポーツやデイリースポーツ、競馬ブックあたりの該当者は、昨年は公表していたのに今回は公表していない。なんでダメな方に変わるのかな。

毎年言ってるが、自分の意見を公表できないような記者は今すぐ辞めるべき。