« | »

2014.05.25

オークス 《G1レース結果》

yosou_iconオークスの結果。愛馬(1/100のさらに1/8くらい)マイネオーラムは8着。



bakenn140525

晴れの良馬場。ベストコンディションで行われたオークス。最初に感想から。

馬券を買ってるとどんなレースでも興奮するものだが、今日の興奮は段違いだった。やっぱり持ち分は少ないとはいえ持ち馬がG1に出るとなると燃えるね。愛馬マイネオーラムは好スタートから中団後方待機。2コーナー回るまでは内にいたんだけど、ちょっと掛かって向こう正面では外側で松岡騎手も引っ張り気味。結果的にはここでの力みが痛かったということになる。直線は外目を伸びて、残り200mまでは「ホントにくるんじゃないか」と思わせるような脚色。しかし、そこまでで、後は流れ込むようにゴール。8着だった。ちょっと若さが出たというところで、掛からずに内でジッと我慢できていたらと残念に思わなくもないが、今後の気性の成長に期待したいところだ。松岡騎手の手にもあっているようなので、とりあえず今後はオープン入り、秋華賞を目指して頑張って欲しい。

さて、レースはペイシャフェリスの逃げ。1000m通過60.7秒。ちょっと遅めのペース。それでも縦長でレースは進み直線へ。直線は大激戦。馬群の中から伸びてきたのは2番人気ヌーヴォレコルト。大外回って伸びてきたハープスターをクビ差おさえての勝利となった。3着には内から伸びてきた3番人気バウンスシャッセ。

勝ったヌーヴォレコルトは桜花賞3着からの巻き返し。機能の予想では「ハープスターよりも前でレースが進められれば勝機もありそうに思う」と書いたが、全くその通りの結果となった。父ハーツクライで、マイルよりも2400mの方があっていると思う。岩田騎手の乗り方も完璧だった。ハープスターが凱旋門賞に行くようなら、秋はこの馬とレッドリヴェールの争いになるだろう。

単勝1.3倍の圧倒的支持に応えられなかったハープスター。確かにチューリップ賞の勝ちっぷりは素晴らしいものだったが、阪神JFではレッドリヴェールに敗れ、前走桜花賞もペースの助けがあってギリギリ勝ったというのが現実。競馬マスコミとしてはスターが欲しいのは分かるが、ちょっと煽りすぎという、いつものパターンだった。遅めのペースの中、良く追い込んで2着には来たものの、本質的にはマイルの方が良さそうに思える。

3着に3番人気のバウンスシャッセ。フラワーC快勝後、皐月賞に挑戦して11着だったが、さすが牡馬に挑戦しようというだけあって、牝馬同士のここは良いレースを見せた。父ゼンノロブロイで、距離伸びて良いタイプ。これから先も楽しみな馬だ。

大負けだけど、愛馬が良い競馬をしてくれたので満足。