« | »

2014.01.07

2013年度JRA賞が決定 年度代表馬はロードカナロア

uma_icon01JRAは1月7日、2013年度JRA賞受賞馬選考委員会を開催し、記者投票の結果に基づき年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を決定した。(JRA
各賞受賞馬は下記の通り。



年度代表馬・最優秀短距離馬 ロードカナロア
最優秀2歳牡馬 アジアエクスプレス
最優秀2歳牝馬 レッドリヴェール
最優秀3歳牡馬 キズナ
最優秀3歳牝馬 メイショウマンボ
最優秀4歳以上牡馬 オルフェーヴル
最優秀4歳以上牝馬 ジェンティルドンナ
最優秀ダートホース ベルシャザール
最優秀障害馬 アポロマーベリック

年度代表馬はロードカナロア。しかし、最優秀4歳以上牡馬がオルフェーヴルというのはどうなんだろう? ロードカナロアで良くないか?
最優秀4歳以上牡馬の投票結果はこんな感じ。

1 オルフェーヴル 176
2 ロードカナロア 104

年度代表馬にロードカナロアと投票しておいて、最優秀4歳以上牡馬にオルフェーヴルというのは、投票の時点で矛盾を感じないのだろうか?

昨年末の日記で書いた予想は下記の通り。

年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬・最優秀短距離馬 ロードカナロア
最優秀2歳牡馬 アジアエクスプレス
最優秀2歳牝馬 レッドリヴェール
最優秀3歳牡馬 キズナ
最優秀3歳牝馬 メイショウマンボ
最優秀4歳以上牝馬 ジェンティルドンナ
最優秀ダートホース ホッコータルマエ

前述の最優秀4歳以上牡馬以外に外れたのは最優秀ダートホース。ホッコータルマエと予想していたんだけど、ベルシャザールが選ばれた。
投票内訳は下記で、

1 ベルシャザール 154
2 ホッコータルマエ 122
3 エスポワールシチー 1
該当馬なし 3

やっぱり割れたね。しかし、ベルシャザールが2013年に勝ったG1はジャパンCダートだけで、Jpn1を4つ勝ったホッコータルマエと比較すると戦績は寂しいものだ。これはいまだに中央G1信仰が残っている証拠で、中央のG1の方が地方のJpn1より格が高いと思っている記者が多いのだろう。実際は、ダート競馬に限れば中央のG1よりもレベルの高いJpn1レースもあるし、単に中央のG1だからといって信仰するのは記者の資質としてどうなんだろうと思うね。

最後に今回も
投票馬を公表しない、競馬マスコミの風上に置けない記者は、

東京中日スポーツ(1名)、サンケイスポーツ(1名)、スポーツニッポン(1名)、東京スポーツ(1名)、日経ラジオ(2名)、民放競馬記者クラブ会友(1名)、東海テレビ(2名)、共同通信(2名)、報知新聞(1名)、テレビ西日本(1名)

という面々。詳細はこちら

こんな記者のいる新聞は買ってはいけない。競馬やるならやっぱり専門紙を買った方がいいだろう。