« | »

2013.12.22

有馬記念 《G1レース結果》

yosou_icon有馬記念の結果。



bakenn131222_01
bakenn131222_02

終わってみればオルフェーブルの圧勝。有終の美を飾ったね。

良馬場に回復。逃げたのはルルーシュ。1000m60.8秒と、馬場を考えるとちょっと速めのペースだった。実際、先行馬はカレンミロティックの6着以外全滅という結果だ。オルフェーブルは2周目3コーナー手前から仕掛けて、直線入口ではもう先頭に。そのまま後続との差をグングン広げて、8馬身差の圧勝。2着には中団後方から追い込んだ4番人気ウインバリアシオン。3着には2番人気のゴールドシップが入った。馬券はトントン。

勝ったオルフェーブルはこれで引退。ラストレースにはちょっとメンバーが寂しすぎたとは思うが、それにしても強い勝ち方だった。ペースが上がったことで、紛れのないレースができたのも圧勝の要因だろう。この馬のことについては年末のまとめの時にも書くつもりなのでここではあまり書かないけど、とりあえずはお疲れ様でした。種牡馬として良い仔を出して欲しい。

2着にはウインバリアシオン。ダービー、神戸新聞杯、菊花賞に続く、4回目となるオルフェーブルの2着。最後までオルフェーブルには届かなかった。馬体は-4kgで、もうちょっと絞れても良いかなと思ったが、完調に近い出来だったとは思う。3着のゴールドシップを1馬身半離しているのだから、良いレースをしたと言って良いだろう。

3着のゴールドシップはまだ完調にはほど遠いという結果になった。ペースもあがって、おあつらえ向きな展開だったにもかかわらず、以前のような迫力あるレースができなかった。いったん休んで、また強い姿を見せて欲しい。

俺の本命ダノンバラードは15着。良い位置に付けたが、ちょっとペースが速すぎた。残念。

これで今年のG1も終わり。まとめは年末に書く予定。