« | »

2013.12.22

有馬記念 《G1レース予想》

yosou_iconさぁ、2013年のラスト。有馬記念の予想。



オルフェーブルの引退レースだが、G1馬はわずか3頭。こんなに寂しいメンバーの有馬記念はあまり記憶にない。クラシックを勝った3歳馬の参戦がないし、牝馬もいない。グランプリレースというよりG1の前哨戦といった趣だ。例年、有馬記念の前は仕事が手につかないほど楽しみなんだけど、今年はそんなでもないのはそのせいかな。まぁ本当に仕事が詰まってピンチだったというのもあるけど。

人気は2頭に集中。中でもオルフェーブルが圧倒的な人気を集めている。前日単勝1.8倍。これは当然。しかし、不安な点は多い。凱旋門賞から2ヶ月以上間隔が開き、どうも調教のVTRを見ていると完調にはほど遠い出来に映る。海外遠征は相手関係が分からないからともかく、昨年のジャパンC、今年の大阪杯と、どうにも以前の迫力が失われているように見えるし、過信は禁物だ。ここは外して買うのが穴党だろう。△扱いにしておく。

もう1頭の人気馬ゴールドシップ。前日単勝4.3倍。この秋は2戦とも敗れ、とくに前走のジャパンCではまったく見せ場なく15着という結果。実に買いづらい馬だ。ただ、騎手が乗り替わったことで変わり目が望めるところではある。7枠14番に入ったことで後方待機からのまくりという以前の戦法で行くしかないが、もうあとは競走意欲の問題だろう。お金を賭けるには不安が大きすぎるので、この馬も外して△ということにしておく。

本命は大穴で、◎ダノンバラードからいく。前日11番人気。やけに人気薄だが、今年の宝塚記念2着馬。天皇賞(秋)は16着と大敗したが、あのコースで先行馬に16番枠は厳しすぎた。タイムも速すぎたし、度外視して良いだろう。今回は1枠1番という好枠に入ったし、逃げ馬を見ながらじっくり進めそう。ペースが遅いようなら逃げてしまっても良いかもしれない。川田騎手の思い切った騎乗に期待したい。

相手は○カレンミロティック。前日6番人気。前走の金鯱賞で重賞初制覇と勢いのある馬。逃げが予想されているが、できれば前に1頭置いて進みたいところだ。距離が問題になりそうだが、小回りスローペースならギリギリなんとか持つのではないかと思う。

3番手評価に▲ウインバリアシオン。前日4番人気。1年5ヶ月ぶりとなった金鯱賞で3着。+30kgだった体も絞れそうで、上積みは十分期待できる。もっとも怖い馬と言っても良いだろう。ただ、中山2500mはどうにもあわないように思えるし、後方待機一辺倒の馬だけにペースが上がらなければ用はない。万一ペースが速くなれば、全馬ごぼう抜きがあってもおかしくない。

前日5番人気トーセンジョーダンは、内枠に入れば本命にしようと思っていたのだけど、なんと大外16番枠。先行馬にこれはあまりにも厳しい。△評価ということで。

馬券は◎○▲から手広く。オルフェーブルとゴールドシップで決まったら終わりということで。