« | »

2013.12.15

朝日杯フューチュリティステークス 《G1レース結果》

yosou_icon朝日杯フューチュリティステークスの結果。



bakenn131215

上位人気の印を落とし、◎○▲が3着1着4着と、ほぼ完璧な予想だったのに、2着に入ったショウナンアチーヴにはまったく目がいかなかった。無念。

良馬場。逃げたのは好スタートを切った3番人気ベルカント。3ハロン35.1秒、4ハロン46.8秒で、平均ペースくらい。一団になって直線へ。早めに動いた5番人気ウインフルブルームと、6番人気ショウナンアチーヴが並んで先頭に踊り出るが、外を通って4番人気アジアエクスプレスが突き抜けて快勝。2着争いはクビ差でショウナンアチーヴ。

勝ったアジアエクスプレスは無敗の3連勝でG1初制覇。道中は中団に待機。直線、満を持して追い出すと鋭く伸びて2着以下を楽々抜き去った。予想でも書いたが、まだ底を見せていない馬で、とんでもない大物かもしれない。父Henny HughesはNorthern Dancer系Hennessyの仔。Storm Catの孫という種牡馬で、日本の馬場にあっているのかもしれない。Henny Hughes自身は7ハロンまでしか勝っておらず、アジアエクスプレスも距離の限界はありそうだ。

2着に入ったショウナンアチーヴはデビューから4戦で1200と1400mしか走ってなく、1600mは初距離。そこに盲点があったかなと。直線の入口でいったんウインフルブルームにかわされかかったが、最後まで良く伸びた。

3着に俺の本命ウインフルブルーム。抜群のスタートを切って先行。良い形で直線を向いたが、やはりそれほど切れる脚はないということになるのかもしれない。折り合いに問題はなさそうだし、父スペシャルウィークということで、この先の活躍も期待したい。

▲3番手におした9番人気マイネルディアベルが4着。 逃げ馬を見るように先行して、直線では沈みかけたが最内から盛り返して4着。1番人気のアトムに競り勝ったのだから大したものだ。父ナイキアディライトの2011年産駒わずか2頭の内の1頭。

1番人気アトム5着、2番人気プレイアンドリアル7着、3番人気ベルカント10着。小波乱という結果になったが、2歳馬だし仕方のないところだ。