« | »

2013.12.15

朝日杯フューチュリティステークス 《G1レース予想》

yosou_icon朝日杯フューチュリティステークスの予想。



混戦模様の2歳チャンピオン決定戦。馬券的にも相性が悪いレースで、的中した記憶がほとんど無い。それもそのはずで、朝日杯は昔から割と堅めに決まるレースで、穴党である俺と相性が悪いのは当然だ。とはいえ、近年は比較的、穴馬も台頭してきていて、チャンスがないわけではない。ちなみに朝日杯は来年から阪神競馬場での開催となり、中山競馬場ではこれが最後だ。

本命は◎ウインフルブルーム。前日5番人気。3戦2勝2着1回。前走の500万下は逃げて楽勝。同型馬が多く、逃げられそうにはないものの、外枠から内の逃げ馬を見つつ進められれば勝機はある。折り合いが付けばいい。

相手は○アジアエクスプレス。前日4番人気。ダート戦だけだが2戦2勝。それも楽勝で、まだ底を見せていない。芝でどうかという部分は未知数ではあるけど、対応できるようなら大物になる可能性もある。

3番手は▲マイネルディアベル。前日9番人気。ここ2戦逃げて良い競馬を見せているだけに、今回も前に行くだろうが、問題は1枠1番のベルカントとどちらが前に行くかという点。人気薄だけにマイネルディアベルの方が思い切った競馬ができそうだし、デムーロが上手く乗ってくれればそれほど差はないと思う。

以下、△アトム、△ベルカント、△プレイアンドリアルあたり。△3頭は1~3番人気だが、ちょっと人気がこの3頭に偏り過ぎたと思う。アトム、プレイアンドリアルは前走で負けているし、ベルカントは牝馬。死角も多いだけに、過信は禁物だ。