« | »

2013.11.16

マイルチャンピオンシップ 《G1レース予想》

yosou_iconマイルチャンピオンシップの予想。



中心馬不在の混戦模様。オッズも割れている。

前日1番人気はダノンシャーク。堅実なことで知られるが、G1では少し足りない競馬を続けている。メンバーの軽いここならチャンスという見方もあるかもしれないが、詰めの甘さは否定しようがない。鞍上が福永騎手に乗り替わったのもプラスとは言えない。危険な1番人気だ。△に留める。

トーセンラーが前日2番人気。1600mの経験はなく、4歳の皐月賞以来、5歳の去年、6歳の今年もすべて2000m以上のレースに出走している。こういうタイプは経験的にまず切ってしまって良いと思う。ペースに対応できるとは思えないし、後方からということになれば、差し切るほどの鋭い脚もない。無印で。

前日3番人気のクラレントは6枠12番。もうちょっと内枠が欲しいところだった。先行勢が多く、流れがある程度速くなりそうなのも不安材料だ。△評価くらいでいいだろう。

本命は思い切って3歳牝馬の◎レッドオーヴァル。前日10番人気。桜花賞2着後、オークス、ローズSを大敗したが、オークスは距離、ローズSは道悪が堪えた。前走のスワンSでは古馬に混じって0.4秒差の4着と差のない競馬を見せた。54kgの斤量は魅力だし、鞍上がM.デムーロに乗り替わるのも好材料。一発穴を開けるならこの馬だ。

相手は○ダイワマッジョーレ。前日4番人気。2着の多いイメージで、詰めは甘いが、ペースが上がり、前が苦しくなるような展開なら勝機はありそう。内枠も悪くない。

▲カレンブラックヒルを3番手評価。前日8番人気。今回ようやく岩田騎手に乗り替わり。実力は間違いない馬だけに、乗り替わりで復活する可能性もある。

以下、戸崎騎手が乗るリアルインパクトあたりも圏内。馬券は手広く。