« | »

2013.10.20

菊花賞 《G1レース結果》

yosou_icon菊花賞の結果。



bakenn131020

結局雨は降り続き、レースの時点では不良馬場。G1は良馬場でやって欲しいものだが、こればっかりは仕方ないね。
レースはバンデの逃げ。1000m61.2秒、2000m124.2秒。馬場を考えればかなり速いペース。圧倒的1番人気のエピファネイアは道中3番手追走。2周目3コーナーでは2番手に上がり、先頭のバンデに並んで直線へ。そのまま後続を引き離して、危なげなく快勝。人気に応えた。5馬身差の2着には5番人気サトノノブレス。3着には3番人気のバンデが粘った。

エピファネイアは最後の1冠で初のG1制覇。キズナもロゴタイプもいない菊花賞だったが、実力を十分に見せつけての快勝だった。不良馬場でしかもハイペースの長距離戦となれば、実力のない馬では上位に来ようがなく、これがまさに実力通りの結果だ。道中では最初の1、2コーナーあたりまでかかっていたし、気性の悪さは相変わらず。これからは古馬戦線ということになるが、スローな流れでしっかり折り合って走れるかどうか、これからの気性の成長が鍵となるだろう。

2着のサトノノブレスは上手く先行から流れ込んだ。前走の神戸新聞杯(3着)でも同様の粘りを見せており、こういうタイプの馬なのだろう。先行する分、詰めは甘くなるだろうから馬券的には難しい馬だ。

3着のバンデは果敢に逃げての3着。しかもペースも速く、良い競馬だった。条件戦でも稍重を勝っていて、こういう馬場も得意なのだろう。残念ながら賞金加算とはならず、準オープン馬のままではあるが、この馬ならすぐにオープンに上がってくるだろう。

俺の本命、2番人気マジェスティハーツは13着。馬券を買う段階でもう不良馬場だったので止めようかと思ったのだけど、巧者と信じて買ってみた。結果は13着と、道悪は全然ダメなタイプのようだ。脚質的にも向いていないね。良馬場の東京コースあたりがベストだろう。

残念だったのは、対抗にした11番人気タマモベストプレイ。中団前目を追走していたが、2周目3コーナーあたりで下がってきたネコタイショウに押される形で相当酷い不利を受けた。結局8着に敗れたが、不利がなければ2着はあったんじゃないかと思わなくもなく、残念のひと言。