« | »

2013.07.16

WIN5考察 ここまでの結果を考察

win5_icon01WIN5の統計が600レースになったので、ここらでちょっと傾向を分析。



統計の一覧はこちらにまとめてある。
正確には119開催595レースなのだが、そのうち1つのレースで1着同着が出て、的中が2通りとなったため、統計の便宜上120開催分、600レースとしている。

toukei_01
勝ち馬の平均人気の推移グラフ。細かすぎてよく分からないが、特に法則性も見当たらない。

5レースの勝ち馬の平均人気が一番高かった時の平均は「1.2」。1番人気が4レース、2番人気が1レース勝った時で、4開催ある。

逆に勝ち馬の平均人気が1番低かったの時の平均は「7.2」。これはつい最近、2013年5月5日で、5、9、6、6、10番人気という荒れた結果で、的中も0票だった。

ちなみに最高配当である2億円はここまで3回出ている。

2011/6/26 8、4、11、1、6番人気 平均6.0 的中2票
2012/11/25 18、3、6、5、3番人気 平均7.0 的中2票
2012/12/9① 9、4、4、9、5番人気 平均6.2 的中1票

的中票0だったのは、前述の2013/5/5も含めて2回。

2011/9/4 3、11、10、2、4番人気 平均6.0 的中0票
2013/5/5 5、9、6、6、10番人気 平均7.2 的中0票

ということから、勝ち馬の平均人気が6.0を超えると2億円の可能性が高そうにも思えるが、実際はそうでもなく、

2011/7/10 6、5、6、9、7番人気 平均6.6 的中16票 67,131,390円
2011/10/23 4、12、11、3、1番人気 平均6.2 的中26票 34,726,200円

この2開催のように、6.0を超えても的中票が多くなり、思ったほどの配当にならないケースもある。

toukei_02
全600レースで、

1番人気 182勝
2番人気 120勝
3番人気 64勝
4,5番人気 112勝
6番人気以下 122勝

1番人気の馬が全滅、5レースとも来なかったのは「27回」。1番人気の勝率が30%で、それ以下の人気馬が勝つ確率が70%。5レースとも2番人気以下の馬が勝つ確率は、70%の5乗で、理論的には16.8%となるが、実際は120開催中27回なので「22.5%」。理論値よりも高い確率で1番人気全滅というケースが出ていることになる。

1番人気の馬だけで決まったケースは無い。
1、2番人気で決まったのは「7回」(5.8%)。
1、2、3番人気で決まったのは「11回」(9.1%)。
1~5番人気で決まったのは「38回」(31.6%)。

統計的には1~5番人気の勝率は80%なので、1~5番人気で決まる確率は80%の5乗で32.7%。大体確率通りの結果になっている。