« | »

2013.07.14

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のβテストに参加してみた Part.2

ffxiv_20130615_iconクローズドベータテストのフェーズ3もいよいよ第4回を迎え、明日で終了。テストキャラは消去され、次はオープンベータテストになる。オープンベータのキャラは本番にそのまま移行できるらしい。



生産系(クラフター、ギャザラー)があまり日の目を見れそうにないシステムがちょっと気になるところだけど、それなりに楽しめそうな感じなので、このままオープンベータ→製品版も始めるつもりだ。

旧FF14ユーザーは前のキャラを引き継げるんだけど、引き継がずに完全に新規キャラで行く予定。前のキャラはほとんど遊んでないしな。

さて、新生FF14の売りの1つ。「コンテンツファインダー」を試してみた。

コンテンツファインダーは、クエストを行うために自動的にパーティーを組んでくれるという仕組みだ。同一サーバ内だけでなく、サーバを横断して、当該クエスト攻略を希望する人をマッチングしてくれるというのが特徴。自分のレベルが推奨レベルを超えていても、そのクエストの推奨レベルに自動的にレベルシンクされるので、同じくらいのレベルのメンバーで攻略ができる。言語の指定も可能で、日本人だけでといった探し方も可能だ。

ffxiv_20130706_214100

攻略したいダンジョンを選んで、後はマッチングを待つだけ。盾職(剣術士、斧術士)が1人、アタッカー(槍術士、格闘士、弓術士、呪術士)が2人、ヒーラー(幻術士、巴術士)が1人の、計4人パーティが揃うと、自動的にインスタンスダンジョンへ移動。攻略が始まる。

テストでは、ヒーラーが猛烈に不足していたようで、ヒーラー待ちの時間が長く感じたが、それでも7、8分でパーティーが組めた。

ffxiv_20130714_130653

4人パーティーで1つダンジョンを攻略してみたが、皆さん上手かったおかげか、1人死なずにクリア。やっぱりパーティー戦闘は面白い。

この手の仕組みは、俺の記憶が確かなら、EQ2でもあったし、WoWあたりにも入ってるはずで、最近のMMOだとDQ10にも似たようなものがある。 割とメジャーなマッチングシステムだ。フリーカンパニー(ギルドみたいなもの)に入ってなくても、簡単にパーティーを探すことができるのは良いことだと思う。