« | »

2013.06.15

キーボードを掃除してみた

uma_icon_hokaキートップを引き抜くための工具を使って、キーボードを掃除してみた。



souji_00
ダイヤテックの「KeyPuller FKP01」という道具。キーボードのキートップを引き抜くための工具だ。Amazonで480円だった。

souji_02
こんな風に、先が2つに分かれる。ちょっと分かりにくいか。

souji_03
分かれた先をキートップの引っかけて引き抜く。まっすぐ引き抜こうとすると意外に力が要るが、ちょっと斜めにするような感じで引き抜くと取れやすい。コツはすぐに掴めるだろう。ちなみに写真のキーボードはすでに掃除済みのもの。掃除前のキーボードは載せるに忍びないほどに汚れていた。
キートップを引き抜く前に、全体の写真を撮っておく。これがないと、後ではめるときに泣くことになる。

souji_04
すべてのキートップを外したところ。この写真も埃など除去して、軽く掃除した後。掃除前はそれはおぞましいものだった。

souji_05
キートップは網に入れて、洗剤入りの水にしばらく浸し、綺麗に洗う。念のために中性洗剤で洗ったが、文字や色が落ちちゃうこともあるのかもしれないので、注意が必要かもしれない。キートップはよく乾かす。水気は大敵だ

souji_06
乾いたら、事前に撮っておいた写真を見ながらキートップをはめ直すと、こんなに綺麗になりました。

比較画像を載せたくないので分かりにくいが、ビックリするくらい綺麗になった。
ちなみにこのキーボードは、昔デルのPCを買った時の付属品。何年前に買ったのかは思い出せないが、その後、PC本体を替えても、キーボードは替えずにこれを使い続けている。おそらく10年くらい使ってるんじゃないかな。打感やサイズ、形など、すべて気に入っている。すでにデルのHPでもこれは買えないようなので、大事に使っていくしかないし、何年かに一度は掃除するようにしていこう。