« | »

2013.06.15

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のβテストに参加してみた

ffxiv_20130615_iconといっても、フェーズ2でも参加していたのだけど、守秘義務があって書けなかった。今回のフェーズ3から守秘義務が解除されたので、ちょっとした感想を。



今は亡き前作、ファイナルファンタジーXIVもやっていたわけだが、非常に残念な出来で、製品版をすこしやって止めてしまった。
そしてこれは作り直し、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」だ。MMOで完全に作り直しって今までに聞いたことないが、あまり無いことだろう。
(各画像はクリックで拡大)

ffxiv_20130615_124130
フェーズ3は6/14の18:00から、6/16の18:00までの48時間。そのうち3時間ほど遊んでみた。グラフィックはずいぶんと綺麗になってるような気がするが、前作のことはハッキリとは思い出せない。
キャラ設定を経て、オープニングムービー、ゲームへという流れ。キャラ設定は非常に細かい。

ffxiv_20130615_115904

ffxiv_20130615_124602

ffxiv_20130615_124408
呪術士というクラスでレベル9あたりまで遊んでみたが、この辺まではクエストをクリアすることでさくさくレベルが上がる。良いテンポだ。
戦闘は前作と似ているが、

「新生FFXIVでは、最初に攻撃したPCやPT以外にも、一定量以上のダメージを与えたPCやPTも経験値や討伐フラグ、クエストアイテムが付与されます。ただし、戦利品の獲得権は最初に攻撃したPCやPTにのみ限定されます。」

という通り、完全独占だった(と記憶している)前作とは大きく異なっている。このルールのおかげで、前衛職ではない呪術士でも序盤は容易にクエストをこなしていくことができる感じ。
レベル10になるとクラスチェンジできるらしいんだけど、ここでそんなに遊んじゃうのは勿体ない気がするのでやめとこうかなと。

ffxiv_20130615_122347
フィールドで突発的に発生する集団戦闘のショット。貢献度によってなんかのポイントが入るのだけど、詳しくは読んでないのでよく分からない。とにかく人がいっぱいという印象だが、処理落ちすることもなく楽しめた。

実際のところMMORPGは、10、20、30とレベルが上がってからの面白さが重要なので、現段階でどうこう言っても仕方ないのだけど、感触的には悪くないんじゃないかと思う。少なくとも前作のような失望を味あわないで済みそうに思う。これはちょっと製品版もやってみたいという気にはなる。
発売は8/27予定。PS3版も同時に出るようだが、PCで遊ぶつもり。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.