« | »

2013.06.02

安田記念 《G1レース結果》

yosou_icon安田記念の結果。



bakenn130602

少し昔を思い起こせば、タイキシャトルやバンブーメモリー、ダイイチルビーといった、マイルでもスプリントでも強い名馬がいたものだが、近年ではあまり目にしなくなっていた。それゆえにJRA賞の「最優秀短距離馬」という表記は実情にあわなくなってきていたわけだが、今年はそうした心配をする必要はなさそうだ。

逃げたのはシルポート。3ハロン33.9秒、4ハロン45.3秒のハイペース。直線は激戦。粘る先行勢を1番人気ロードカナロアがかわして、3番人気ショウナンマイティの追撃をクビ差おさえて勝利。3着には中団から伸びた12番人気ダノンシャーク。

勝ったロードカナロアは5連勝で、G1を4勝目。マイルへの適正も懸念されたが、距離的には全く問題なかった。道中は中団外目を追走。直線では不利を受けない外をよく伸びた。ただ、ダノンシャークを外に飛ばしながら伸びたので審議になるかと思ったけど、審議にはならなかったようだ。スプリント戦では無類の強さを示していたが、今回の勝利でマイルでも充分にナンバーワンであることを証明した。スプリント、マイルの部門では近代まれに見る名馬と言っても過言ではないだろう。秋以降はスプリンターズS、マイルCSもあわせて、史上初の短距離4冠が狙えるし、さらに年末の香港もあわせて、G1年間5勝というのも目指して欲しい。

2着に突っ込んだショウナンマイティは惜しいレースだった。少しで遅れて後方待機。直線もコース取りに手こずり、クビ差まで追い詰めただけに惜しい2着だ。出遅れはともかく、直線の動きは、もうちょっと浜中君がしっかりしていればと思わせる内容だった。初の1600mということでペースへの戸惑いもあったと思うが、今後はマイルでもかなりの走りができそうだ。

3着のダノンシャークは人気薄ながらいい競馬をした。直線ではもしやと思わせる伸びを見せ、ロードカナロアに弾かれなければもうちょっと差は少なかっただろう。もともと掲示板を外したのが20戦で2回だけという極めて堅実な馬で、今日はC.デムーロ騎手の好騎乗と、ペースがあったことで、この好結果に繋がったと思う。

俺の本命グランプリボスは2番人気10着。道中かかって口を割っていたが、さらに直線は馬群に突っ込んで前が詰まって終了。内田君もうちょっと乗り方があるんじゃないのと思わなくもないが、馬体重-10kgということもあわせて考えると本調子ではなかったのかもしれない。そもそも好走と凡走の差が激しい馬なので、こうした結果も仕方ないか。

4番人気カレンブラックヒルは14着。好スタートから先行。結果的にはハイペースに巻き込まれて失速ということになってしまった。

ロードカナロアの素晴らしさが際だった安田記念だった。馬券は外れたが良しとしよう。