« | »

2013.05.18

オークス 《G1レース予想》

yosou_iconオークスの予想。



天気の悪化が心配されたが、どうやら持ちそうな雰囲気で、良馬場でやれそうだ。

桜花賞を7番人気で勝ち、俺に万馬券をもたらしてくれたアユサンは、前日3番人気。おそらく騎手がC.デムーロのままだったら1番人気だったかもしれないが、丸山騎手への乗り替わりということで評価が下がっているのだろう。血統的にはディープインパクトの仔で、2400mはギリギリ持ちそうだし、末の切れる脚質も東京向き。丸山騎手というだけで評価を下げすぎるのは危険だ。ここは対抗評価○にしておく。

オークスというとたいていの馬は2400mは初挑戦となるが、「スローペースだから大丈夫だろう」と言う人も多いだろう。しかし、最近のオークスはスローにはならず、平均ペースの競馬になるケースが多い。今回もクロフネサプライズ、ティアーモあたりが引っ張り、平均以上の流れになると見る。となると距離適正が重要となるが、心配なのは前日2番人気レッドオーヴァル。桜花賞2着から、鞍上にC.デムーロを迎えて、人気を集めているが、桜花賞の最後の失速は距離への不安をおぼえさせるものだった。兄ストロングリターンはマイラー、ダイワマックワンがスプリンターだったことを考えても、この馬にも距離の限界がありそう。△評価にとどめる。

本命は◎プリンセスジャック。前日9番人気。桜花賞では人気薄ながら3着。長く良い脚を使って追い込んだ。母ゴールデンジャックはオークス2着馬。母の無念を娘が晴らす、というのは出来過ぎかもしれないが、そういうドラマがあってもいい。思い切って後方から追い込みに賭けて欲しい。

▲メイショウマンボを3番手評価。前日8番人気。桜花賞では4番人気におされながらも10着。それでも、3着とはそれほど差が無く、大敗とまではいかない。後方待機からの一発に期待。

以下、△デニムアンドルビー、△トーセンソレイユあたり。1番人気のデニムアンドルビーは、前走フローラSを快勝したが、馬場が悪かったこともあって、参考にしづらい。過信は禁物と見る。
人気薄空なので、馬券は手広く。