« | »

2013.05.05

NHKマイルC 《G1レース結果》

yosou_iconNHKマイルCの結果。



bakenn130505

ハイペースになるであろうことは昨日の時点で予想していたし、それゆえにインパルスヒーローを対抗に指名したわけだが、本命にしたガイヤースヴェルトがあそこまでコパノリチャードを追い掛けてしまうとは予想できなかった。スタートが良すぎたと言うべきか、コパノリチャードの隣の枠というのが不運だったか。

レースはコパノリチャードの逃げ。ガイヤースヴェルト、エーシントップが追い掛ける展開。3ハロン34.4秒、4ハロン46.1秒のちょっと速めのペース。数字だけ見るとそれほど速いペースに見えないかもしれないが、1ハロン目が12.3秒と遅く、その後の2ハロンから5ハロンまでが45.5秒と速かった。直線、逃げるコパノリチャードをかわしたガイヤースヴェルトがいったん先頭に立つが、外から差し馬が強襲。10番人気マイネルホウオウ、6番人気インパルスヒーロー、8番人気フラムドグロワールが並んで伸びてゴール。クビ差でマイネルホウオウが後続をおさえていた。

勝ったマイネルホウオウは重賞初制覇。ひいらぎ賞、ジュニアCと、1600mのオープン戦を勝っており、ここは得意な距離。これまでのレースでは先行するパターンが多かったが、今日は後方待機。直線で見事に伸びての勝利。柴田大知騎手のペース判断の見事さが光った勝利となった。父は快足で鳴らしたスズカフェニックスで、産駒のG1勝ちは初めて。柴田大知騎手は障害レースでのG1制覇はあるが、平地レースでのG1は初勝利。

2着にインパルスヒーロー。道中は後方。直線でよく伸びて、勝ち馬を追い詰めたがクビ差届かず。展開的にはバッチリで、惜しいレースだったが、能力の高さは示したと言っていい。

3着のフラムドグロワールは2頭とは異なり先行していたが、追い出しをギリギリまで我慢して、最後までよく追い込んだ。横山典騎手らしい上手い先行競馬で、もうちょっとだけペースが緩ければという競馬だった。

俺の本命2番人気ガイヤースヴェルト5着。直線ではいったん先頭に立ったが、最後は失速。それでも5着によく残ったというべき結果。もうちょっと後ろに付けられる展開なら違っただろうが、それを言っても仕方ない。

1番人気エーシントップ7着。道中は3番手に付けたが掛かり気味。昨日の予想でも書いたが、ハイペース競馬は合わないのではないかと思う。

まだG1は続く。来週は頑張ろう。