« | »

2013.04.28

天皇賞(春) 《G1レース結果》

yosou_icon天皇賞(春)の結果。



bakenn130428

晴れの良馬場。果敢に逃げたのはサトノシュレン。1000m59.4秒、2000m119.7秒。例年1000~2000mで緩むペースが、今年は緩まなかった。これがゴールドシップの敗因になったと思う。
レースは直線入口で先頭に立った2番人気フェノーメノがそのまま押し切って快勝。2着に3番人気トーセンラーが入り、3着に6番人気外国馬レッドカドー。馬券は馬連が当たったけど、意味ないな。トーセンラーをもうちょっと重く見ていれば3連単も取れたろうに。

勝ったフェノーメノはG1初制覇。昨秋、菊花賞を回避して天皇賞(秋)に向かったことから、長距離の適正を疑問視する声もあったが、まったく危なげない横綱相撲。高い能力を証明した。中団前目から速めに動いて、4角では先頭。追いすがるトーセンラーを引き離しての勝利。勝ちタイムの3:14.2も悪くなく、文句なしの勝利だったと言って良いだろう。宝塚記念に進むことになれば、旧3強との戦いとなるが、互角以上の戦いが可能だと思う。

2着にトーセンラー。3歳時の菊花賞では3着に入ってはいるものの、基本的には中距離馬だろうと思っていたのだが、そんなことはなかった。フェノーメノと同じような位置取りで、ほとんど同時に動いたが、最後まで差を詰めることはできなかった。それでも、能力は示したし、もしかするとようやく本格化してきたのかもしれない。次走以降要注目だ。

3着に外国馬レッドカドー。道中は中団後方。直線では馬群を抜けてよく伸びてきたが、前2頭とは差があった。馬体重482kgで、昨年のジャパンCの時が494kgだったことを考えると、今回がベスト体重だったのだろう。

圧倒的1番人気ゴールドシップは5着。上にも書いたが、1000~2000mのペースが速すぎて、そこで脚を使わされてしまったのが、影響したというべきだろう。例年のようにここが62、3秒掛かるような流れなら、楽に4角で先頭という形だったと思うが、前にいた有力馬が軒並み速めに動いたことでロングスパートを封じられることになってしまった。近年はG1でもスローペースになることが多いが、天皇賞(春)は比較的速いペースで流れることが多い。それが例年の波乱の原因とも言えるが、今年も同じパターンにハマってしまったということだ。宝塚記念に向かうと思うが、どんな作戦で来るのか楽しみだ。

予想は悪くなかったと思うが、馬券は難しいね。宝塚記念で新4強が揃って出てきてくれると、かなり盛り上がりそうだ。