« | »

2013.04.28

天皇賞(春) 《G1レース予想》

yosou_icon天皇賞(春)の予想。



例年荒れる天皇賞(春)。今年はゴールドシップが圧倒的1番人気で、前日単勝1.5倍。菊花賞、有馬記念とG1を連勝し、今年も緒戦の阪神大賞典を楽勝。血統的にはステイゴールド×メジロマックイーンで、長距離はまったく問題ない。オルフェーブルが回避し、ジェンティルドンナもいないだけに、ここは負けられないところだろう。死角らしい死角は見当たらないが、あえて挙げるとすれば、有力馬が早めに動くことで上がりが異常に速くなり、最後の最後で差される、という可能性はなくはないが、逆に上がりが掛かるような展開なら他の馬も沈んでいるだろう。本命でいいと思うが、馬券的に面白くないので、対抗○評価にしておく。

前日2番人気のフェノーメノは、ゴールドシップとダービーで一度対戦し、先着している。それをもってフェノーメノのほうが強いとは言わないが、先着する可能性がゼロというわけではないとは言える。もっとも、力勝負になれば分が悪いだろうし、大荒れな展開になってゴールドシップが沈みでもすれば勝つチャンスがあるかもしれないという程度の期待だ。本命ということで◎。

外国馬レッドカドーは昨年のジャパンC(8着)に続いて2度目の来日。そのジャパンCでは、不利があったものの、見せ場もなく、日本の馬場に適正があるようには見えなかった。とはいえ、香港ヴァーズ優勝、ドバイWC2着と、好調のままに来日しているだけに、上位に来ても不思議はない。△で。

前走でゴールドシップの2着に来た△デスペラード。ここ3戦は3000m以上ばかりで使われ、結果を出している。長距離適性の高い馬しか残れないようなハイペースの展開になれば、この馬にも上位に入り込む可能性はある。

穴党には厳しいメンバー。レースを楽しむくらいの気持ちで、馬券も抑えめに。