« | »

2013.04.07

桜花賞 《G1レース結果》と、今年3本目の万馬券

yosou_icon桜花賞の結果。今年3本目の万馬券的中。



bakenn130407_1

bakenn130407_2

朝には稍重だった馬場は回復して良馬場。例年と異なり、散りかけた桜の中での桜花賞。
逃げたのはサマリーズ。3ハロン34.8秒、4ハロン46.9秒で平均ペースくらい。3コーナー手前から1番人気クロフネサプライズが仕掛けて、先頭で直線へ。直線は激戦。逃げ込みを図るクロフネサプライズの外から2番人気レッドオーヴァル、7番人気アユサンが伸び、いったんはレッドオーヴァルが先頭に立ったが、アユサンが差し返してクビ差で勝利。3着には追い込んだ14番人気プリンセスジャック。デムーロ兄弟のワンツーフィニッシュとなった。
アユサンの複勝1000円(4.6倍)と、ワイド7-14(11.0倍)、7-9(128.3倍)を100円ずつ的中。今年3本目の万馬券的中。

アユサンはG1初制覇。阪神JFでも4番人気(7着)におされたように、素質は高く評価されていた馬。前走はチューリップ賞3着と悪くないレースをしていた。C.デムーロ騎手への乗り替わりでチャンスとは思って、重い印を打っていたが、勝つところまでいくとは思っていなかった。道中はじっと中団で待機し、直線上手く馬群を捌いて先頭に立ち、いったん交わされたレッドオーヴァルを差し返した。素晴らしい勝負根性だった。オークスでもそれなりに人気になるだろうが、C.デムーロ騎手が乗れるかどうかが鍵になるだろう。

2着に敗れたレッドオーヴァルは、道中は後方待機。4角外を回りグングン伸びてきたが、最後はちょっと失速。もしかすると距離の限界があるのかもしれないし、デビュー時から馬体重が14kgも落ちていることから、ちょっと疲れがあるのかもしれない。それでも2着には来たのだからスピードは光るモノがある。

3着は14番人気のプリンセスジャック。前の2頭からは離されたものの、よく追い込んだ。母は活躍馬ゴールデンジャックという良血で、大レースでその血が開花したのかもしれない。母はオークスで2着だっただけに、次走も要注目だ。

1番人気クロフネサプライズは4着。ちょっと掛かり気味かとは思ったが、3、4コーナー中間で先頭に立ち、直線でどこまでという競馬になってしまった。これで勝っていれば横綱相撲ということになったわけだが、さすがに粘れず。オークスに向かうのかは分からないが、折り合いが付かないと難しいだけに、気性の成長が必要となる。

心配された馬場も良馬場まで回復して、良かったと思う。馬券を取れたので、この調子で来週の皐月賞も当てていきたい。