« | »

2013.04.06

桜花賞 《G1レース予想》

yosou_icon桜花賞の予想。



爆弾低気圧とやらが日本列島を襲っていて、天候が心配なところではあるが、それほど悪くはならないのではないかという想定で予想。そもそも、道悪を経験した馬も少ないので、予想の中で巧拙をファクターとして取り入れるのは難しいし。ただ、どうにも馬場の内側は結構悪くなっているように見えたので、内枠で包まれてしまうような馬には不利があるかもしれない。

前日1番人気はクロフネサプライズ。暮れの阪神JFで2着、前哨戦となるチューリップ賞では逃げ切り勝ち。2歳女王ローブティサージュが前走で大敗したこともあって、1番人気におされている。前走では逃げ切り勝ちだったが、今回は同型馬もいて無理には行かず、先行ということになるだろう。道悪の経験はないものの、父クロフネなら問題なさそうにも思える。他の有力馬が中団、後方からというタイプが多いだけに、展開は有利に働きそうだ。1番人気というのが馬券的に美味しくないが、連軸には堅そうに思えるので本命◎で。

相手は○フィリーズRの勝ち馬メイショウマンボ。前日5番人気。大外と鞍上が嫌われて人気を下げていると思われるが、末脚の切れ味は一級品。前崩れの流れになれば、十分勝機もありそうだ。

チューリップ賞3着の▲アユサンを3番手に。前日8番人気。丸山騎手が落馬負傷のため、急遽デムーロに乗り替わることになった。丸山騎手には悪いが、これは良いチャンスだろう。自在性のありそうなタイプだけに、デムーロの手腕で上位も狙えそう。

以下、△クラウンロゼ、△トーセンソレイユの無敗馬2頭。まだ底を見せていないが、クラウンロゼは初輸送、トーセンソレイユはローテーションが気になるので、ちょっと評価を落とした。
馬券はオッズと相談しつつ。