« | »

2013.02.17

フェブラリーS 《G1レース結果》

yosou_iconフェブラリーSの結果。これでいいのか?



bakenn130217

本命だったから注視していたわけだが、ワンダーアキュートは道中は中団待機から、4コーナーでは馬群の詰まった内に突っ込んだ。で、前が詰まり、無理矢理外に出そうとして、テスタマッタ、イジゲンあたりを激しく妨害。最後だけ追い込んで3着に突っ込んできたが、これで審議も無しとは一体どういうことなんだろう? テスタマッタは立ち上がりかけて、完全に失速したし(それでも7着まで来た)、本命というひいき目を持ってしても降着は免れないと思ったものだが、それが審議にもならないとはね。4着のセイクリムズンの複勝を持ってた人は特に呆然だろう。

和田君のあまりにへたくそな騎乗はさておき、公正であるはずの競馬がこれでいいのだろうか? 新ルールになってから不可解な判断が続いてるように思えるが、この新ルールは「差し、追い込み馬が圧倒的に有利」だ。被害馬がこの馬に先着していただろうと思わせなければ審議にもならず、今回で言えば、ワンダーアキュートのような終いの脚がある馬の場合は、ほぼ審議にならない。さらに、先着の可能性が必要とされるゆえに、「強い(とされている)馬にも有利」だ。人気薄の馬を妨害してもOKと言ってるようなものである。

たちの悪いことに、このルールは国際的なデファクトスタンダードで、もはや変えることは不可能に近い。ただ、公正を疑わせるような競馬になってしまっては、それこそ意味がない。ルールはともかく、運用をもうちょっと考える必要があるはずだが、役所体質のJRAではそういう改革は難しいだろう。

レースはイジゲンの出遅れから。逃げたのはタイセイレジェンド、エスポワールシチー。3ハロン34.6秒、4ハロン46.5秒と速めのペース。直線はごちゃついたが、前に行った9番人気エスポワールシチーが粘るところを、最後に3番人気グレープブランデーが差し切って快勝。3着にワンダーアキュート。

勝ったグレープブランデーは5歳馬。2着から9着まで7、8歳馬が占めたが、新たな砂のスターとして良い競馬を見せた。3歳時にはジャパンダートダービーを勝ち、その後が期待されたが、昨年は不振。しかし、前走の東海Sを3馬身差で圧勝して、復調模様だった。1600~2000mくらいは確実に伸びてくるタイプで、この先も期待できるだろう。

2着に粘ったエスポワールシチーは最後までよく頑張った。すでに8歳で、上積みはないと思うが、スムーズにいければこれくらいは走れる馬だ。

俺の本命ワンダーアキュートは3着。スムーズに外に出していれば楽勝だったのではないかと思うが、とにかく他馬に迷惑を掛けるような乗り方をしてはどうしようもない。和田君はすでに30代半ばの中堅だが、もうちょっと考えて競馬に乗って欲しいものだし、ワンダーアキュートは次があるなら騎手を変えた方が良いだろう。

1番人気カレンブラックヒルは15着。馬体重は前走から増減無しで、調子も悪いようには見えなかったが、やはり初ダートというのはこういうことになってしまうのだろう。芝のほうがあっているのだろうから、安田記念で復活を目指して欲しい。