« | »

2013.01.30

安藤勝己騎手が引退

uma_icon01安藤勝己騎手(栗東・フリー)が、1月31日をもって騎手を引退すると発表した。(JRA

2003年に笠松競馬から中央競馬に移籍し、その後の地方競馬出身騎手大活躍時代の礎を築いた“アンカツ”こと安藤勝己騎手もすでに52歳。これまで中央のG1を22勝(重賞81勝)。ダイワスカーレット、キングカメハメハなどの主戦を勤め、2007年には年間6つのG1を勝つなど、一時代を築いた。
2008年からは騎乗数を抑え、昨年にはとうとう9年続いていたG1勝利記録も途絶えてしまった。昨年11月24日の京阪杯のパドトロワ(15着)がラストレースとなった。

調教師にはならないようで、今後どうするのかは分からないけど、とりあえずはお疲れ様でしたと言いたい。競馬を盛り上げてくれてありがとう。