« | »

2012.12.22

有馬記念 《G1レース予想》

yosou_icon2012年の総決算。有馬記念の予想。



総決算にはしてはオルフェーブルもジェンティルドンナもいないが、なかなかのメンバーが揃った。今日は雨で稍重だったが、明日はなんとか乾いて良馬場の競馬になって欲しい。

前日1番人気は3歳二冠馬ゴールドシップ。菊花賞の勝ち方は従来の常識を覆すもので、インパクトも大きかった。しかし、ディープブリランテがすでに引退し、フェノーメノもいなかったことを考えると、菊花賞は相手に恵まれたという見方もできる。古馬とは初対戦。フェノーメノを基準とすれば、この世代はなかなかの実力世代となるのでもちろん軽視はできないが、あの競馬が有馬記念でもできるとは思わない方が安全だろう。早めに仕掛けてどこまで粘るかというレースならペース次第だが、勝つか負けるかという競馬になりそうだ。▲評価としておく。

本命は◎エイシンフラッシュ。前日3番人気。秋の天皇賞で素晴らしい末脚を見せて快勝しながら、前走のジャパンCでは9着。ムラがある馬で、馬券の本命には厳しいタイプだが、相手関係からもここはチャンスだろう。昨年の有馬記念でもオルフェーブルの2着したが、その時も前走のジャパンCは8着。前走は考えなくていい。内で上手く脚を溜められれば勝負になる。

相手は前日2番人気○ルーラーシップ。天皇賞(秋)、ジャパンCはともに大きく出遅れ、直線だけで3着。古馬勢でも屈指の実力馬だが、出遅れ癖が国内無冠という結果に繋がってしまっている。今回もなんらかの対策はしてくるのだろうが、上手く五分でスタートしてくれればもちろん勝機は充分だし、出遅れれば最後方から苦しい競馬となる。

△ダークシャドウは要注意だ。前日4番人気。天皇賞(秋)、ジャパンCと連続4着。どちらも0.4秒差と僅かな差だった。デムーロ騎手も前走に続き2戦目の騎乗となるだけに、怖い存在だ。

以下、△オーシャンブルーあたり。ただ伏兵は多そうで、上位人気馬がそのまま上位独占とはいかないのではないかと思う。
去年は5万円も負けてしまったが、今年はそこまでは買わないつもり。