« | »

2012.12.15

朝日杯フューチュリティステークス 《G1レース予想》

yosou_icon朝日杯フューチュリティステークスの予想。



2歳チャンピオン決定戦。3連勝中のコディーノが前日単勝1.4倍と圧倒的な人気を集めるが、2歳馬にこれほどの人気集中は危険だ。コディーノは新馬勝ち後、札幌2歳S、東スポ杯2歳Sを連勝。無傷の3連勝でここに挑んできた。とくに前走の東スポ杯2歳Sではレコード勝ちと、確かに1番人気におされるのも当然と言える。しかし、ここまでの3戦はすべて1800m戦。マイルのここはペースへの対応が求められる。さらに中山1600mはコーナー3つのトリッキーなコースとなっていて、内で揉まれると後方に下がることを余儀なくされかねない。実力は認めても、それほど堅いとは思えず、オッズ的にも▲評価くらいが妥当だ。

本命は◎エーシントップ。離れた2番人気。こちらも3連勝中。コディーノとは異なり、1400mばかりを3勝してきた。前で競馬をするタイプのエーシントップにとっては、1ハロンの延長はそれほど問題はないだろう。同型馬も少なく、すんなり先行できそうだ。最近はこのレースもそれほどペースは速くなっていないだけに、粘り込み濃厚。

相手は○ラブリーデイ。前日3番人気。前走の京王杯2歳Sではエーシントップの2着。差は少なかったし、減っていた体重が戻ってくればチャンスもありそう。

以下、△ゴットフリート、△ クラウンレガーロあたり。
馬券はオッズを見つつ、馬連で手広く。