« | »

2012.11.30

儲け1億4000万円なのに、5億円脱税で起訴?

脱税:競馬もうけ1億4000万円、5億円脱税で起訴 ハズレ馬券、経費と認めず―大阪地検(毎日jp)

通常、マスコミのニュースなどをソースとしてモノを書くことはないのだけど、これはあまりに酷いので、引用してひと言。


競馬で稼いだ所得を申告せず、07~09年に約5億7000万円を脱税したとして、大阪市の会社員の男(39)が所得税法違反で大阪地裁に起訴された。男は総額28億円もの馬券を購入し、1億円を超す利益を得ていたが、大阪地検は外れ馬券の購入額を必要経費と認めず、実際のもうけを大幅に上回る脱税額で立件した。

という事件。約30億円の払戻金が一時所得に当たるとした上で、外れ馬券の購入額約27億4000万円を経費として認めず、利益は1億円強にも関わらず、莫大な税を課されようとしている。

確かに大阪国税局の言い分は分かる。規則に従って取り締まればこういうことになるのだろう。だが、これはあまりに非現実的だ。

例えば、競馬場に1万円持っていって、途中のレースで5万円ほど儲けたが、最後のレースで外れて全部無くなってしまった、という場合でも、競馬場の出口で「途中で当った5万円には税金が掛かりますので、さらに何万円払ってください」と言われるようなものだ。これでは誰も馬券を買うことはなくなるだろう。

当たり馬券購入額を差し引いた金額が年間で90万円以上だと申告義務が生じる

とのことだが、厳密にこれをやられたら、JRAの馬券売上はほとんど無くなってしまうに違いない。例えば、週に2万円馬券を買う人が、収支トントンだったら、払い戻しの総額は100万円だ。これを申告してさらに何十万円も納税するのか? あり得ない。

ところで、JRAのHPによれば、(控除率の説明

勝馬投票券は、その売上額のうち約25%を引いた残り75%が払戻金として的中した人に配分される。この差し引かれる約25%を控除率という。控除率は、的中率が高ければ低くなり、的中率が低ければ高くなるため、「約25%の控除率」というのはこれらを平均したものとなる。控除されたうち10%が国庫に納付され、残りの15%がJRAの収入となって競走の賞金や運営などの費用に充てられる。

とある。つまり、1000円馬券を買ったら、その時点でもうすでに国に100円取られているわけだ。「国庫に納付され」という書き方は税金ということではないという意味でもあるのだろうが、払う側からすれば税金も同様だ。

したがって、先ほどの例で言うと、

100万円馬券を買った人は、当たり外れに関係なく10万円国に自動的に金を取られ、さらに当った100万円からも税金を払わなくてはならないということになる。これは二重課税も同様だ。

ちなみに、2011年のJRAの馬券売上は約2兆3000億円。国庫納付金は2290億円あまり。いくらかは分からないが勿論さらにJRAは法人税を納めているはずだ。

だから脱税して当然とは言わない。規則がおかしい。改めるべきだ。馬券の利益を無税にしても良いくらいの金を我々競馬ファンはすでに馬券購入段階で納めているはずだ。もしくはどうしても税金が必要というのであれば、当選金から天引きするなりにして、公平に取るべきだ。もちろん、その場合は国庫納付金制度は無くして、控除率を15%に引き下げるべきなのは言うまでもない。

裁判所の判断が注目されるところだが、どうせ法律通りの判断しかできない。この件についてのJRAのコメントは見当たらないが、人ごとではない。JRAもなんらかの手を打たないと、売り上げの減少を止めることは難しいだろう。