« | »

2012.11.25

ジャパンC 《G1レース結果》

ジャパンCの結果。



最後の直線走路で、ジェンティルドンナがオルフェーブルの進路を妨害したということで長い審議。結果としては到達順位通りの確定となったが、そんなに酷い妨害だったようには見えなかったし、あの程度の押し合いでどうこう言われるのでは、勝負が益々つまらなくなるんじゃないかと思う。岩田君もインタビューではずいぶんと神妙にしていたが、今日の乗り方は素晴らしかったと思う。

逃げたのはビートブラック。3番人気ジェンティルドンナは好スタートから先行。2番人気ルーラーシップが出遅れて後方からとなった。1番人気オルフェーブルは後方から。1000m通過は60.2秒だったが、集団はもっと遅かったので、スローペースだったと言っていいだろう。3、4コーナーでビートブラックが後方を引き離して、オルフェーブルが早めに先団に取り付いて直線へ。逃げるビートブラックをかわしてオルフェーブルが先頭に立つところ、進路のなかったジェンティルドンナがオルフェーブルをはじき飛ばしながら並び、2頭の叩き合い。最後はジェンティルドンナに軍配が上がった。3着には後方から追い込んだルーラーシップ。

ジェンティルドンナを無印にしたのは、古馬との初対決は分が悪いという理由からだったが、そんなことは関係なく、素晴らしい強さを見せてくれた。もちろん斤量的に有利だったし、スタートも良すぎるくらいで、恵まれた部分もあった。それでも叩き合いでオルフェーブルを負かしたのは事実で、審議にはなったものの、この馬の強さを否定するものではない。ペースが遅かっただけに、乗り方としてもこれで良かったと言えるもので、結果として審議にはなったが、これはやむを得ないと思う。ジェンティルドンナは今年はおそらくこれで休養だろう。来年は海外遠征も視野に、さらなる活躍をして欲しいもの。

2着のオルフェーブルは道中もそれなりに折り合い、直線入り口では集団の前に取り付く積極的な競馬。早めに抜け出して、快勝パターンではあったが、ジェンティルドンナにハナ差及ばなかった。あの接触が結果にどれほど影響を与えたのかは分からないが、3歳牝馬に弾かれて負けたというのはこの馬に失礼というものだろう。4kgの斤量差はさすがに大きかったということで、来年に雪辱を期して欲しい。

3着にはルーラーシップ。致命的な出遅れ。最後は最速の32.7で上がってきたが、勝負はすでに決していた。出遅れは騎手の責任と言えない部分ではあるが、ちょっと残念な結果だ。G1となると力を発揮し切れないレースが続いていて、陣営はさぞ消化不良な気持ちだと思う。おそらく今日の上位2頭は有馬に出てこないだろうから、次こそは雪辱を果たせるか。

俺の本命フェノーメノ4番人気5着。スタートは悪くなく、道中もスムーズに先行したが、内枠だったことが災いして4コーナーで前に出れず。結果だけ見れば位置取りの悪さがこの惨敗を生んだということになる。もうちょっと積極的なレースをして欲しかった。

外国馬は、8着のレッドカドーが最高着順。凱旋門賞馬ソレミアは13着。やっぱり外国馬は買いづらいね。

先週に続き、勝った馬が審議対象となる、後味の悪い結果になってしまったのは残念だった。まだG1は続く。気を引き締めて良いレースを見せてくれることを祈る。