« | »

2012.11.11

エリザベス女王杯 《2012G1レース結果》

エリザベス女王杯の結果。



雨の重馬場。かなり芝は悪くなっていたようだ。
逃げたのは予想通りレジェンドブルー。1000m62.4秒で、馬場を考えるとそれほど遅くもないペースだろう。エリンコートが3コーナー手前で仕掛けてペースが上がり、そのままの勢いで直線へ。先行していた圧倒的1番人気ヴィルシーナが抜け出しを図るが、後方から外伸びてきた7番人気レインボーダリアが猛追。ヴィルシーナをクビ差かわしたところがゴール。3着は最後方から追い込んだ5番人気ピクシープリンセス。

勝ったレインボーダリアはG1初制覇。重馬場の実績もあり、こういう馬場は得意なのだろう。道中は中団でしっかり折り合い、直線はよく伸びた。柴田善臣騎手の会心の騎乗だった。柴田善臣騎手のG1制覇は2006年高松宮記念のオレハマッテルゼ以来という久々。

2着に敗れたヴィルシーナ。道悪は初めてな上に、古馬との対戦も初。そういったことを考えれば、2着でもよくやったと言うべきなのかもしれない。しかし、詰めが甘いタイプであることは間違いなく、どんな楽なメンバーのレースでも、逆に強敵相手でも2着というレースを繰り返しそうだ。

ホエールキャプチャは10着。春までの実績から3番人気におされたが、もしかするとそろそろ競走意欲が減退してきているのかもしれない。

G1はやっぱり良馬場がいいね。