« | »

2012.10.28

天皇賞(秋)《2012G1レース結果》

天皇賞(秋)の結果。



M.デムーロの一人舞台と言っていい天皇賞(秋)だった。その騎乗はあまりにも完璧だった。

天気はなんとかもって、良馬場。逃げたのはシルポート。1000m57.3秒。去年ほどではないがそれでもハイペース。直線半ばでシルポートは失速。変わって内からスルスル伸びた5番人気エイシンフラッシュが、1番人気フェノーメノの追撃を半馬身差抑えて勝利。3着に後方から伸びた2番人気ルーラーシップ。

エイシンフラッシュは3歳時のダービー以来のG1制覇。能力の高さは誰もが認めていても、ダービー以降は勝ちきれないレースを続けていた。今日は中団の内目を追走。12番枠から上手く内に入れて、折り合いに専念。直線では内を突いて鋭く伸びた。デムーロ騎手の素晴らしい騎乗により、力を出し切ったと言える勝利だろう。道中、コース取り、仕掛けどころ、全てが完璧だった。ウイニングランで下馬して、陛下に敬礼するところまで含めて、デムーロのための舞台だったと言える天皇賞(秋)となった。

2着に破れた1番人気のフェノーメノ。4番手追走から不利無く追い出し、こちらも完璧に乗ったと言っていい。ただ、結果として若干ペースが速く、道中溜めたエイシンフラッシュと比べて脚色が良くなかったということだろう。まだ3歳で、成長の余地も残されているだけに、これから先が楽しみな一頭だ。

俺の本命ルーラーシップは3着。スタートで出脚が付かず、後方3番手追走となってしまったのが全て。最後は追い込んできていただけに、残念なレースになってしまった。ちょっと太めだったということもあるかもしれないので、この後のジャパンC、有馬記念では良いレースを見せてくれるだろう。

昨年の2着馬ダークシャドウは4着。勝ち馬と同じくらいの位置取りだったが、最後は離された。コース取りの差ということになる。

無敗の3歳馬カレンブラックヒルは5着。2番手追走から、最後は失速。ペースが速かったし、2000mが初距離というのも影響しただろう。現状ではマイルあたりが良さそうに思う。

今年もシルポートが果敢に逃げてくれたので良いレースになったと思う。デムーロの巧さだけが際だったが、日本の騎手も頑張って欲しいもの。