« | »

2012.09.30

スプリンターズS 《2012G1レース回顧》

スプリンターズSの回顧。



台風は近づいているものの、中山はまだ影響なく良馬場。なお、阪神競馬は中止となった。

俺の本命パドトロワは、パドックから発汗。本場馬入場の頃には汗だくと言っていい入れ込み具合。この段階でちょっとなぁとは思ったが、スタートで立ち後れて、ホントに終わった。押して先頭に立ったものの、直線では余力無く後退。8着。今回はアンカツの責任とは言えないが、それにしても衰えた。2003年以来ずっと続けてきたG1勝利記録も、今年で途切れそうだな。

前半3ハロン32.7秒のハイペースを制してG1初制覇を飾ったロードカナロアは、素晴らしいレースを見せてくれた。道中は中団外目。4角外から進み、いったん先頭に立ったカレンチャンをかわし、そのまま最後までしっかり伸びた。1:06.7のレコード勝ち。前走では先行してエピセアロームにかわされたが、今日はハイペースをじっくりを後方で溜めて、最後まで垂れなかった。2番人気ということもあり、岩田騎手も気楽に乗れたのだろう。ちなみに岩田騎手はこれで今年のG1を4勝目。7、2、3、2番人気での勝利で、1番人気の重圧にはきわめて弱いが、人気が無いときには力を発揮する、馬券的には困った騎手だ。

1番人気カレンチャンは2着。結果だけ見れば早仕掛けだったということになるかな。力は発揮できたが、残念な結果だ。すでに5歳ということもあり、これで引退なのかもしれない。

3番人気エピセアローム4着。道中は勝ち馬と同じくらいの位置取りだったが、逆にこちらは仕掛けが遅すぎたという結果。大外から追い込んだものの、3着のドリームバレンチノもかわせず4着まで。

馬券は取れなかったけど、なかなかいいレースだったと思う。