« | »

2012.06.24

宝塚記念 《2012G1レース結果》

宝塚記念の結果。



「オルフェーブルの単勝を厚く買うか、穴馬から手広くいくか」と昨日の予想で書いたけど、結局穴狙いで轟沈。上のショット以外にもチラホラ買ってたんだけどな。

ネコパンチが逃げて1000m58.4秒。それほど大逃げにはならなかったが、ちょっと速かった。3、4コーナーでビートブラック、アーネストリーあたりが仕掛けて、一団で直線へ。内目を上手く捌いたオルフェーブルが早めに先頭に立ち、馬場真ん中を伸びてきた2番人気ルーラーシップを2馬身抑えての快勝。

馬体は多少寂しく見えたものの、道中のオルフェーブルはじっと我慢し、最後の直線では3歳時に見せていた素晴らしい脚をまた見せてくれた。出来は7分でもこのくらいの力の差はあるのは分かっていたし、普通に回ってくればこれくらいは当然という馬である。しかしそう考えると、前走の敗因がよく分からないということになる。出来は今回よりも良かったし、それほど気性の悪さを見せていたわけでもなかった。やはり位置取りと仕掛けの問題だったのかもしれない。今回の勝利に感激する池添騎手には水を挿すようだが、今回の乗り方を忘れずに、前回のような失態の無いよう祈りたい。

2着のルーラーシップは先行勢総崩れの流れのなか、最後までよく伸びた。強い競馬を見せたと思う。3着のショウナンマイティは道中最後方からの追い込み。流れは向いたとはいえ、前の2頭が強すぎた。

本命にしていたトゥザグローリーは5番人気12着。中団後方から外を差したが、全く伸びず。体調がいまいちだったか。
穴狙いのなかではマウントシャスタが12番人気ながら5着に入った。直線最内を突いて、見せ場充分だったと言っていいだろう。

これで春のG1戦線は終了。馬券は全然ダメだったな。