« | »

2012.06.24

宝塚記念 《2012G1レース予想》

宝塚記念の予想。



すっかり評価を下げてしまったオルフェーブル。前日単勝は1番人気だが、3.2倍というオッズは、ファンも迷っているということを示している。
もちろん俺も迷っており、オルフェーブルが勝つかどうかは五分五分と見ている。出来は7分くらいということだが、7分出来ていて馬に走る気があれば、おそらく勝つだろう。実力差はそれほどにある。しかし、ここ2戦で見せた気の悪さは、そう簡単に克服できるものではない。ちゃんと走る気を持ってスタートしてくれるかは五分五分くらいに見ておくしかない。実際のところ、このレースを勝つようなら、また秋は人気集中ということになるし、もし買うのならここだろう。印的には▲にしておく。

伏兵陣は多彩だ。海外G1から凱旋のルーラーシップが前日2番人気。前走で鳴尾記念を快勝したトゥザグローリーが3番人気だ。以下、ダービー馬エイシンフラッシュ、上がり馬ショウナンマイティ、堅実なウインバリアシオンと、単勝オッズ10倍内に6頭がひしめく。だが、穴馬はまだいる。

穴扱いは不本意かもしれないが、春の天皇賞馬ビートブラックは前日9番人気。オルフェーブルの大敗に目がいきがちではあるが、この馬の天皇賞での勝ちっぷりは見事だった。平均の流れを上手く先行して、後続を0.7秒も引き離す圧勝。この調子を維持できていれば、今回も好レースを見せる可能性は高い。
休み明けにはなるが、フェデラリストも要注意。前日7番人気。G1こそ未勝利なものの、中距離では堅実なレース振りを見せている。
唯一の3歳馬マウントシャスタは前日11番人気。重賞未勝利とはいえ、前走で見せた脚は出色モノ。斤量53kgは他の古牡馬よりも5kgも軽い。軽視はできない。

という具合に、オルフェーブルがこなければ、伏兵、穴馬の台頭もありそうだ。印としては、◎トゥザグローリー、○ビートブラック、▲オルフェーブル、△ルーラーシップ、△ショウナンマイティとしておこう。馬券をどう買うかはオッズと相談しつつといったところ。オルフェーブルの単勝を厚く買うか、穴馬から手広くいくか、という感じ。