« | »

2012.04.29

天皇賞(春) 《2012G1レース結果》

大波乱となった、天皇賞(春)の結果。



こうした波乱はよくあることで、そのほとんどは逃走劇から生まれる。人気薄の逃げ馬を軽く見て、結局届かないというパターン。言い訳もあるだろうが、波乱の責任は人気馬の騎手にある。
今回で言えば、オルフェーブルの池添騎手はもちろん、ウインバリアシオンの武豊騎手、トーセンジョーダンの岩田騎手、ギュスターヴクライの蛯名騎手、ヒルノダムールの藤田騎手。上位人気馬に跨った騎手はみなベテランだ。このあたりの騎手たちが勝ちいかなければならなかったのだ。彼らが、ペースと他の馬の力量を読み違えた、というのが今回の波乱の原因となったと言っていいだろう。

大逃げとなったゴールデンハインドとビートブラックのペースは、最初の1000m60.0秒、次の1000mが61.9秒。決して速くはない。平均ペースだ。そして、2000mからペースが上がり、後続は追いつくことが出来なかった。つまり追い上げるなら1000mから2000mの間、特に1400~2000mの間は12.7-12.7-12.7と緩んでいたので、ここで追い上げるしかなかったというわけだ。1周目1、2コーナーあたりから進出する必要があったということになるが、実際は上位人気陣は向こう正面に入っても落ち着いたまま。完全な判断ミスだろう。

波乱の主役となったビートブラックはG1はおろか、重賞も初勝利。道中は、逃げたゴールデンハインドを見ながら、後続を引き離し、2周目3、4コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切って4馬身差の快勝。石橋脩騎手の判断と騎乗が上手くハマった勝利だ。おそらくもう一度同じことをと言われてもできないだろうというくらい、奇跡的な勝利だ。素晴らしく強い馬とは言えないが、好騎乗によって実力を上手く引き出された勝利だった。

11着に敗れたオルフェーブル。前走のことを思えば自分から動くわけにはいかない、というのも分からなくはないが、単勝1倍台の圧倒的人気を背負ってレースに出ている以上、勝たなくてはならない競馬だった。負かしにいっての敗戦なら納得できても、こんな形での負け方は誰にとっても受け入れがたいものだろう。

2着のトーセンジョーダンは物足りない結果だ。2周目3、4コーナーで進出、直線も追い込んだが、最終的には4馬身離された2着。3番人気2着だったから良しという結果ではなく、これは岩田騎手の騎乗ミスだ。タイミングが遅すぎた。

3着ウインバリアシオンの武豊騎手にも同じことが言える。おそらく後ろのオルフェーブルが気になったのだろうが、少なくとも向こう正面半ばくらいでは前が逃げすぎていると気付いても良い騎手だ。勝利よりもオルフェーブルを恐れすぎたゆえの結果ということか。

注目していたヒルノダムールは11着。道中ずっと後方4、5番手。こんな位置では届きようもない。藤田騎手は最近とくに大人しいように感じる。

馬券は大外れ。逃げ馬が面白いだろうと思って、ナムラクレセント、ケイアイドウソジン、ゴールデンハインドの複勝を買っていたわけだけど、ケイアイドウソジンは逃げず、ナムラクレセントは相変わらず中途半端な競馬で、逃げたゴールデンハインドは潰れてしまった。ビートブラックがこんなに積極的な競馬をするとは思ってなかった。自分の中で石橋騎手の評価を改めないといけないな。