« | »

2012.04.28

天皇賞(春) 《2012G1レース予想》

オルフェーブルの5冠目なるか。天皇賞(春)の予想。



オルフェーヴルの前日単勝オッズは1.3倍。圧倒的人気だ。もちろん能力も断然、ズバ抜けている。普通に回ってくれば勝利濃厚だろう。しかしこの馬から買ってしまうと、オッズが安すぎて全然儲からない。印を打つとすれば本命以外あり得ないが、ここはこの馬以外が勝つ方に賭けてみたい。

オルフェーブルは前走で信じられない逸走を見せ、まさかの敗北を喫した。今回の天皇賞(春)も前走同様に大外枠。悪夢が頭をよぎる。掛かってしまわないようにするためには、前と横に馬を置く必要がある。となれば、おそらくスタートで大きく下げて、道中は2周目3コーナー手前まで最後方のままだろう。

そうなると他の馬にも勝機が生まれる。賭けてみたい馬筆頭はヒルノダムール。前日5番人気と人気を下げているが、昨年の天皇賞(春)の勝ち馬だ。昨秋の海外遠征から帰国して3戦、パッとしないレースを続けているが、この馬は本来、使い続けた方が好走できるタイプと見る。帰国して4戦目。そろそろ走り頃だ。上手く前目に付けての抜け出しを祈ろう。

前日3番人気トーセンジョーダンにも勝つチャンスはある。昨年の天皇賞(秋)の勝ち馬だが、出色だったのはその後のジャパンC2着。大外枠から果敢に先行して、2着に粘り込んだ。今回も前に行ければ、オルフェーブルを押さえ込める可能性はある。

もう1頭挙げるならばジャガーメイル。前日10番人気。この馬は一昨年の天皇賞(春)の勝ち馬。8歳と上積みは少ないが、上手くハマれば、昨年のジャパンC3着くらいの好走は見せられる馬だ。

この3頭の頭はあっても面白いかもしれない。2番人気ウインバリアシオンはオルフェーブルの前でゴールするイメージが沸かない。勝負付けが完全に終わっているように思える。ただし、上位進出の力は十分に持っている馬だ。

その他にはおそらく前に行くであろう、ナムラクレセント、ゴールデンハインド、ケイアイドウソジンあたりの逃げ粘り2着、3着といったところも狙い目か。

馬券はオッズを見つつ、色々買うつもり。とはいっても堅く決まる確率も高そうなので、あまり買いすぎないように注意しよう。

WIN5予想はお休み。このレースがオルフェーブルで決まれば、他のレースでよっぽど荒れない限り、ガチガチということになりそう。