« | »

2012.04.15

皐月賞 《2012G1レース回顧》

皐月賞の回顧。



晴れ。稍重まで回復、したようにはとても見えなかったが、発表は稍重。

スタート直後2番人気ワールドエースが躓くアクシデント。最初に逃げたのはメイショウカドマツ。向こう正面でゼロスが交わして、2頭による大逃げ。4ハロン47.7秒、5ハロン59.1秒。馬場を考えれば速いペース。ゼロスが内枠沿いに、他の馬は外に広がって直線。内寄りを突いた4番人気ゴールドシップが早めに抜け出して、そのまま後続に2馬身半差をつけて快勝。2着は大外から飛んできた2番人気ワールドエース。3着3番人気ディープブリランテ。1番人気グランデッツァは5着まで。

勝ったゴールドシップは内田騎手による見事な騎乗が光った。道中は最後方。3、4コーナーから徐々に進出して、内を上手く突いて、最後までよく伸びた。完璧な騎乗だった。昨年は怪我で休養を余儀なくされた内田騎手も嬉しいG1勝利となっただろう。ゴールドシップは父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンで、昨年の三冠馬オルフェーブルと同じ配合。2月の共同通信杯を勝って、皐月賞へ直行。ローテーション的にあまり良いように思えなかったし、道悪の実績もなかったので無印にしていたけど、調子も良く、道悪も上手かった。距離的には何の問題もないのでダービーに直行するだろうが、もちろん最有力となる。

2着に敗れたワールドエースは、スタートでマイネルロブストに触れて躓き、後方からの競馬。だが、それはいつも通り。直線は大外から伸びたものの、時すでに遅しで、2着まで。これだけの不利、直線の追い込みを見ると、おそらくダービーは1番人気になると思うが、現時点ではゴールドシップのほうが若干上だろう。小型馬でもあるので、短い期間だがダービーまでの成長が必要だ。

俺の本命、1番人気グランデッツァは5着。やはり大外枠が響いたか、行き脚がつかず後方3番手追走。直線は外から追い込んだが5着。前目に付けてこその馬なので、この敗戦は仕方のないところ。ダービーで盛り返して欲しい。

これで中山開催もひとまず終わり。とにかく雨ばかりで、馬場はひどい状態。内枠、先行馬が有利な競馬だらけで、もうちょっとなんとかしないと、公正が保てないのではないかと思う。