« | »

2012.03.24

高松宮記念 《2012G1レース予想》

新装中京競馬場での初めてのG1となる、高松宮記念の予想。



ここ3週の中京競馬場の傾向を見るに、どうやら芝が深いようで、スピード型よりもパワー型に分がありそうだ。

本命はカレンチャン。前日2番人気。今年緒戦となるオーシャンSで4着と敗れ、人気を落としているが、今の中山は逃げ馬か先行馬しか来ない馬場なので、評価に入れなくていいだろう。5枠10番という好枠で、すんなり前目に付けられれば、最後までしっかりと伸びてくれるはずだ。良馬場に越したことはないので、馬場がどこまで乾くかも重要。

相手は前日1番人気のロードカナロア。5連勝中、1200m6戦全勝と、派手な戦績を引っ提げてのG1初挑戦。1番枠だけに、前に行かざるを得なくなってしまったが、スムーズにいければそのまま戴冠の可能性も高い。ただし、G1初挑戦ということと、持ちタイムが今ひとつなこと、左回りが初めてなことを割り引いて対抗評価まで。

▲マジンプロスパーは前日6番人気。前走の阪急杯が強い内容だったので3番手評価で。短距離G1戦は好調な馬がそのまま勢いで勝つケースも目立つので、この馬にも勝機はあるだろう。

前日3番人気△サンカルロは1200mでの勝ち星がない。ベストは1400mだろう。ただ、重い馬場で、最後の末脚が届く可能性もある。道悪で力を発揮する△グランプリエンゼルはパワーの要る馬場が合いそう。上手くハマれば上位進出もある。△2頭は鞍上が信用できないので重い印を打ちづらいが、力は遜色ない。

以下無印だが、逃げるエーシンダックマン、左回り4勝で上がり調子のサクラゴスペルあたりも圏内。

馬券は3連単で行く予定。ただ混戦だと思うので、手広く買いたい。