« | »

2012.01.06

2011年度JRA賞が決定 年度代表馬はオルフェーヴル

JRAは1月6日、「2011年度 JRA賞」受賞馬選考委員会を開催し、記者投票の結果に基づき年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を決定、発表した。(JRA
各賞受賞馬は下記の通り。



年度代表馬・最優秀3歳牡馬 オルフェーヴル
最優秀2歳牡馬 アルフレード
最優秀2歳牝馬 ジョワドヴィーヴル
最優秀3歳牝馬 アヴェンチュラ
最優秀4歳以上牡馬 ヴィクトワールピサ
最優秀4歳以上牝馬 ブエナビスタ
最優秀短距離馬 カレンチャン
最優秀ダートホース トランセンド
最優秀障害馬 マジェスティバイオ

得票数が割れたのは最優秀4歳以上牡馬だけ。

1 ヴィクトワールピサ 129
2 トーセンジョーダン 104
3 トランセンド 41

ヴィクトワールピサ、トーセンジョーダンの2頭で得票が割れたが、第1位のヴィクトワールピサに3分の1を超える得票があったため、最優秀4歳以上牡馬に選出された。

31日の日記で書いた予想としては、

年度代表馬・最優秀3歳牡馬 オルフェーヴル
最優秀2歳牡馬 アルフレード
最優秀2歳牝馬 ジョワドヴィーヴル
最優秀3歳牝馬 アヴェンチュラ
最優秀4歳以上牡馬 トーセンジョーダン
最優秀4歳以上牝馬 ブエナビスタ
最優秀短距離馬 カレンチャン
最優秀ダートホース トランセンド

で、最優秀4歳以上牡馬以外は悩むようなところもなかったので、極めて妥当な結果だろう。

投票馬を公表しない、競馬マスコミの風上に置けない記者は、

サンケイスポーツ(東京2名、関西1名)、東京スポーツ(1名)、TBS(1名)、日経ラジオ(1名)、ニッポン放送(1名)、フジテレビ(1名)、民放競馬記者クラブ会友(1名)、競馬研究(1名)、競友(1名)、東海テレビ(2名)、共同通信(2名)、日刊スポーツ(1名)、競馬ニュース(1名)

という面々。詳細はこちら

毎年書いてるが、自分の意見を公表できないような記者は今すぐ廃業すべき。資格無いよ。