« | »

2011.12.24

有馬記念 《G1レース予想》

1年の締めくくり。有馬記念の予想。



ペルーサが回避して13頭立て。数は寂しいが、なかなかのメンバーが揃い、馬券的にも面白いレースになった。

前日1番人気は三冠馬オルフェーブル。三冠レースすべてを完勝。3歳世代の中でずば抜けた力を持つことはすでに証明済みだが、気になるのは古馬との能力比較だ。相手筆頭は現役古馬最強のブエナビスタ。前日2番人気。天皇賞(秋)では直線詰まり4着に敗れたものの、ジャパンCではその天皇賞(秋)を勝ったトーセンジョーダンをクビ差かわして快勝。6つめのG1を制覇した。この2頭が人気の中心。オルフェーブルは単勝2.3倍、ブエナビスタは3.5倍。明日もまだ変動はあるだろうけど、この2頭が抜けた人気になるのは変わらない。

俺の本命はブエナビスタ。1枠1番は詰まる可能性が否定できないものの、小回りの中山ということを考えれば有利な枠。天皇賞(秋)で詰まっただけに、さすがに岩田騎手もちょっと考えて乗るだろう。ペースもそれほど速くはならないだろうし、先行しても余力充分で直線に入れるはず。有終の美を飾る可能性は高い。

オルフェーブルは中団につけて、直線では不利のない外を回すだろう。幸い少頭数になったので、外を回る不利は少ない。斤量も55kgとブエナビスタ以外には有利な条件。対抗評価とするが、差はほとんど無い。マッチレースを見せて欲しい。

2頭の馬連が前日で3.6倍と、かなり良い配当なので、ここに分厚くいくつもりだ。最終的にはもうちょっと下がりそうな気もするが、3倍超えてればおいしいと言っていい。

他の馬ももちろんチャンスはある。▲ヴィクトワールピサは昨年の覇者。今年も1枠2番と素晴らしい枠を引き、2、3番手から早めに抜け出す競馬をするはず。前走の大敗で人気を落としてしまってはいるが、能力全開なら上記2頭とも充分に勝負になる。前日4番人気。

前日3番人気の△トーセンジョーダンはジャパンC後に少し疲れが出たという報道があって、多少心配だ。天皇賞(秋)もジャパンCも死力を尽くした激走だったので、疲れが出るのは当然。わずか1ヶ月でその疲れが取れるとは思えない。

今年の宝塚記念を制した△アーネストリーは前日5番人気。内枠に入ったら本命にしようと思っていたんだけど、12番枠。ペルーサの回避もあって、それほど外枠という感じは薄れたが、先行するにはちょっと外すぎる枠。スタート後に押していくとなると、最後の最後での伸びに影響があると思う。

天皇賞(春)馬△ヒルノダムールは前日8番人気と人気を下げている。しかし軽視は禁物。3番枠は願ってもない位置だし、中山も皐月賞2着と相性は悪くない。凱旋門賞こそ惨敗はしたものの、それ以外のレースでは常に上位に顔を出しており、堅実さは折り紙付き。

馬券は本命対抗の馬連をしこたま。あとは3連単や大穴馬券などもちらほら買うつもり。