« | »

2011.12.04

ジャパンCダート 《G1レース回顧》

なんとか当たったジャパンCダートの回顧。



買い足した3連単が的中。3連単16-9-6で6,180円を200円的中。実際の馬券はミラクルレジェンド絡みのも買っていたので、(このレースだけでいうと)トントンくらいにはなった。

レースは外からトランセンドが強引に先行。後に審議対象にもなったが、控えれば3番手以降になるので、この馬にとってはこういう戦法しかとり得ないというところなのだろう。 ただ褒められた騎乗ではない。1000m60.9秒のスローペース。トランセンドにとっては、勝った昨年より楽なペースだった。もっとも昨年は稍重だったので、比較はできないが。直線、そのまま後続を引き離してトランセンドが1番人気に応えて快勝。2馬身差の2着争いはハナ差5番人気のワンダーアキュートが2番人気エスポワールシチーを抑えていた。

勝ったトランセンドは昨年に続くジャパンCダート制覇。これで4つ目のG1勝ち。前走でスマートファルコンには負けたものの、ダート最強馬の1頭であることを証明した。審議対象になっただけに、良い騎乗だったとは言えないが、この馬の強さを良く引き出した騎乗だった。このあとは東京大賞典に向かうと思われるが、スマートファルコンとの再戦は要注目だ。

2着に入ったワンダーアキュートは、後方から馬群を縫って良く追い上げた。+14kgと馬体は増えていたが、太いというわけはなかったようだ。阪神巧者で、コース適正もあっての好走だったと言える。

2番人気のエスポワールシチーは3着。トランセンドを見る形で道中進んだものの、直線に入ってからの脚色には差があった。終わってみれば、もうちょっと強引にでも前に行った方が良かったのかもしれないところだが、結果論だね。

▲を付けた6番人気ミラクルレジェンド6着。後方3番手くらいを追走。最後直線だけ伸びてきたが時既に遅し。スローペースだったので、もうちょっと積極的に行って欲しかった。