« | »

2011.11.27

ジャパンC 《G1レース回顧》

ジャパンCの回顧。いいところ無し。



終わってみれば、最強ブエナビスタが1着、天皇賞(秋)馬トーセンジョーダンが2着と、分かりやすい結果だったわけだが、そう簡単には当てられないのが競馬の難しさであり、魅力なんだろう。

ミッションアプルーヴドが逃げてトーセンジョーダンも追いかける体勢。1000m通過は61.8秒と、超絶スローペース。シャレータが前に行けなかったことで、このスローペースになったのだろう。それにしてもこの10年で良馬場では最も遅いペースだ。
直線、一団のなかから先行した6番人気トーセンジョーダンが一旦抜け出すが、外から2番人気ブエナビスタが末脚を伸ばして馬体を併せ、最後はクビ差トーセンジョーダンを下して勝利。3着には追い込んだ14番人気ジャガーメイル。

ブエナビスタは昨年の天皇賞(秋)以来の勝利。6つめのG1勝ち。中団前目から、直線最後までよく伸びた。上がり3ハロンはメンバー最速の33.9秒。衰えてきたかと考えもしたけど、まだまだその素晴らしい強さは健在だ。おそらく次の有馬記念がラストランになると思われるけど、良い競馬を見せて欲しいね。馬券的には、本命にした天皇賞(秋)で来てくれよって感じ。

2着のトーセンジョーダンはウィリアムズ騎手の好騎乗が目立った。スローペースを確信しての先行で、最後までブエナビスタを苦しめた、良いレースだった。レコードの激走後にこれだけの競馬を見せるのだから素晴らしい。東京コース以外での走りがどうなのかは今後に真価が問われることになる。有馬記念に出てくるようなら人気を集めるだろう。

俺の本命、1番人気デインドリームは6着。スタートがあまり良くなくて、後方2、3番手から。直線も外を回って伸びてきたものの、ロスが大きかったかもしれない。外国馬を買うのは難しいね。

対抗に推した13番人気サラリンクスは12着。後方から。いいところ無かった。

4番人気ヴィクトワールピサは13着。スタート直後からちょっと離された最後方。最後の直線も全く伸びてこず。馬体は仕上がっていたように見えたのだが、何が原因なのかは分からない。

5番人気エイシンフラッシュ8着、9番人気ローズキングダム9着、3番人気ペルーサ16着。見せ場も無し。