« | »

2011.11.20

マイルCS 《G1レース回顧》

やっぱり荒れたマイルCSの回顧。



馬場は稍重まで回復。シルポートの逃げ。4ハロン46.7秒、5ハロン58.6秒。馬場を考えれば平均くらいか。直線、粘るシルポートをかわして、内から11番人気フィフスペトルが伸びるが、5番人気エイシンアポロンがグングン伸びて快勝。クビ差の2着にフィフスペトル。離れた3着には4番人気サプレザ。

勝ったエイシンアポロンを本命にしていたのに、馬券はハズレ。シルポートじゃなくて、こっちから総流ししておくべきだった。

エイシンアポロンはG1初制覇。2歳の朝日FSでローズキングダムの2着していたが、ようやくのG1勝利。4、5番手追走。直線もよく伸びて、追いすがるフィフスペトルを抑えきった。ちょっと渋った馬場もこの馬にあったのだろう。馬場を考えれば先行勢しか勝負にならないことは明らかだっただけに、池添騎手の乗り方も良かった。

2着に入ったフィフスペトルは横山騎手の乗り方が完璧だった。2、3番手追走から抜け出す得意の戦法がハマった。前走のスプリンターズSでもそれなりのレースを見せてはいるが、1600mが適距離なのだと思う。

3着にサプレザ。去年の4着から1つ順位を上げた形だ。中団後方からメンバー最速の上がりで良く追い上げたけど、時既に遅し。この馬場では追い込みきれない。

1番人気リアルインパクト5着。中段ちょっと前目で競馬を進めたが、最後まで伸びきれなかった。道悪があまり良くないのかもしれないし、もうちょっと積極的な競馬をしないと切れる脚がないだけに苦しいのかもしれない。

2番人気リディル14着、3番人気イモータルヴァース7着。