« | »

2011.11.13

エリザベス女王杯 《G1レース回顧》

スノーフェアリーが連覇を成し遂げたエリザベス女王杯の回顧。



ダンシングレインが立ち後れて後方からになったものの、シンメイフジが離して逃げて、1000m57.5秒のハイペース。後方集団は平均ペースくらい。4角をシンメイフジが先頭で回って直線。先行勢がシンメイフジをかわして先頭を争うが、アヴェンチュラ、アパパネの2頭が抜けたところで、内から1番人気スノーフェアリーが突き抜けてきて、2番人気アヴェンチュラをクビ差抑えて勝利。1馬身差の3着に4番人気アパパネ。

スノーフェアリーは外国馬として初めての同一G1連覇。去年も素晴らしかったが、今年も素晴らしい勝ち方を見せた.道中は集団後方。直線は内を回って、メンバー唯一の33秒台の末脚できっちり勝ち切った。一瞬どこから出てきたんだろうと思ってしまうような切れ味の良い脚だった。予想でも死角は無いと書いたが、まったくその通りの結果だった。

2着に2番人気のアヴェンチュラ。アパパネを見るような形で道中先行。直線ではきっちりアパパネを捉えたが、スノーフェアリーの末脚に屈した。完璧なレース振りだったけど、勝った馬が強すぎたということだろう。おそらくこれで休養と思うが、来年も良いレースを見せて欲しいね。

俺の本命4番人気アパパネ3着。先行して直線ではいったん先頭に立ちかけたが、2頭にかわされ3着。前に行った分、差されたけど、ペースを考えれば良いレースをしたと言って良い。本当に惜しかった。アヴェンチュラとは位置取りと斤量の差で、力では互角と思う。

4着には6番人気ホエールキャプチャ。先行して良く粘った。3番人気レーヴディソールは11着。+20kgで成長分はあるとしても、見るからに丸々と太かった。1回叩いてからだろう。

良いレースだったけど、馬券的に惨敗で残念。