« | »

2011.10.23

菊花賞 《G1レース回顧》

オルフェーブルが圧倒的な強さで日本競馬史上7頭目の三冠馬となった菊花賞の回顧。



スタート直後は口を割って苦しそうなそぶりを見せるオルフェーブル。鞍上の池添が前に馬を入れて懸命になだめる。1周目直線では中団。2周目3、4コーナーで徐々に外から進出。4コーナー出口では前を行く馬を射程に捉えた。乗り方は完璧だった。これ以上はない。直線ではグングン伸びて、後続を突き放して快勝。2着のウインバリアシオンが2馬身半差まで追い込んできたが、オルフェーブルはゴールではもう手綱を緩めていた。着差以上の楽勝だった。3着はトーセンラー。1、2、3着は人気順だった。

馬券がとりがみでもいいじゃないか。良いレースと三冠馬を見れたんだからさ。3着がハーバーコマンドなら儲かったのに、なんて言っても仕方ないことだ。

勝ったオルフェーブルは、2005年のディープインパクト以来、日本競馬史上7頭目の三冠馬となった。長距離競馬の衰退により三冠の意味は薄れつつあるものの、やはり三冠を勝つということは大変素晴らしいものだ。勝ちタイムの3:02.8はレコードに0.1秒差で、長距離への適正も証明した形になる。相手関係に恵まれた感はあるが、その辺は今後の古馬との戦いで分かるだろう。おそらく次走は有馬記念ではないかと思うが、良いレースを期待したい。

2着にはダービーに続きウインバリアシオン。道中最後方から直線一気に賭けたが、時既に遅し。逃げたフレールジャックは1000m60.6秒、2000m122.7秒とかなり良いペースで飛ばしたので、展開的にはハマったと言えるが、前が強すぎた。

3着3番人気トーセンラー。オルフェーブルを見ながら競馬を進めたが、オルフェーブルの後ろにいては勝ちようがない。

良いレースだった。個人的にはもはや三冠はそれほどの意味がないと考えていて、オルフェーブルも秋は天皇賞(秋)からジャパンCを狙った方が、コースの適正的にも面白かったのではないかと思う。とはいっても、素晴らしい勝ち方だったし、この後の活躍を期待させてくれるね。競馬を盛り上げる主役になって欲しい馬だ。