« | »

2011.10.02

スプリンターズS 《G1レース回顧》と、今年8本目の万馬券

スプリンターズSのレース回顧。そして今年8本目の万馬券。


9800円も買ってて、これか…。9番人気の3番が2着でこんなにつかないとは思わなかった。買い方のミスだね。

ビービーガルダンがゲート入りで放馬。出走取り消しで15頭。先行したのはパドトロワとヘッドライナー。3ハロン33.0秒、4ハロン44.2秒なのでそれほど速いというわけはない。直線、粘るパドトロワをかわして先行勢から3番人気カレンチャンが抜け出して先頭。そのまま激しい2着争いに1馬身3/4の差をつけて快勝。2着はハナ差9番人気パドトロワが7番人気エーシンヴァーゴウを抑えた。1番人気ロケットマンは4着。2番人気ダッシャーゴーゴー11着。

馬連3-10で13,030円を100円的中。今年8回目の万馬券。10-14だったら41倍で1000円持ってたのになぁ。

勝ったカレンチャンは5連勝でG1初制覇を飾った。とにかく調子の良さが目立った。3歳時のフィリーズRで謎の大敗を喫した他は堅実に走り、勝利を積み重ねており、この距離であれば相当な力を持っていることを証明したと言えるだろう。今年はもう出るレースも無いかもしれないが、是非来年も層の薄い短距離戦線の主役となって盛り上げて欲しいもの。

2着のパドトロワは良く粘った。ヘッドライナーがそれほど競り掛けず、マイペースで先行できたことが好走に繋がったと言える。安藤騎手の好騎乗だし、幸騎手の名アシストとも言えるだろう。

エーシンヴァーゴウは惜しい3着。勝ち馬よりも前に付けていたにも関わらず、馬体を併せることもできず、結果からだけ見れば、福永騎手の仕掛けが遅すぎたと言わざるを得ない。

圧倒的人気を集めたロケットマンは4着。単勝1.5倍でこの成績では不甲斐ない結果だ。しかし、明らかに競馬マスコミの煽りすぎで、実際このメンバーで1.5倍なんて極端な単勝オッズになるほど強い馬ではない。パドックでも入れ込んでいたし、馬体も太く見えた。盛り上げるために持ち上げるのはマスコミの悪癖なのでもはやどうしようもないが、それにしてもフジテレビなどは「最強馬」とまで言っていた。競馬マスコミはもうちょっと考えた方が良いね。

2番人気ダッシャーゴーゴー11着。中団後方から良いところ無し。