« | »

2011.08.04

MacBook Airを買ってみた

MacBook Airを買ってみた。11インチ128GBの方で、CPUをCore i7に変更。116,235円。まだ設定しただけだが、ファーストインプレッションを。


酔いに任せ7/30に注文。11インチ128GBにすることは前から決めていたんだけど、土壇場でCPUをi7に変更。仮想化も使うし、13,000円ちょいしか変わらないので、まぁ速いほうがいいかなという単純な理由。
CPUを変更すると出荷予定が3営業日になるので、当初はお届け予定日は8/7となっていた。ところが8/1には上海から出荷され、8/4の今日到着。思ったよりずいぶん早かった。iPadの時もずいぶん早かったけど、こりゃそもそも遅めに言ってるだけで、こういうサバの読み方は感心しない。

箱はMacBook Airよりちょっと大きいくらい。Windowsパソコンだと巨大な箱で届くわけだが、こうした箱の小ささはAppleの良いところだ。

開けたところ。確かに薄い。ただ、これはiPadの時も同じように感じたが、その薄さゆえに、ちょっと重く感じるんだよね。

新型MacBook Airは「OS X Lion」。以前買ったMacbookはTigerだったので(後にLeopardにアップデートした)、2世代ぶりのMac購入だ。


(クリックで拡大)

「App Store」。LionからMacでも使えるようになった。無料のテキストエディタを落としてみたが、使い勝手はiPhone、iPadと同じ。
縦幅が狭いので、Dockは左に移してある。デフォルトだと下にアイコンが並ぶ。
Office for Mac 2011のアイコンが異常に格好悪いな。Officeで1つのフォルダにしてくれりゃいいのに。


(クリックで拡大)

噂のSSDは「APPLE SSD SM128C」。サムスン製だ。当たりらしい。
操作してみて思ったのはやはり、「起動・終了が速い」ということ。これがSSDの力なんだろう。もちろん音も静かだ。

BootcampでWindowsも入れるつもりだが、しばらくはこのまま使ってみようと思う。仕事で持ち歩く予定。