« | »

2011.07.24

大井の女傑クラーベセクレタから禁止薬物

TCK(東京シティ競馬)は7/23、ジャパンダートダービー(7/13、Jpn1、大井競馬場)に出走したクラーベセクレタ(牝3歳、船橋・川島正行厩舎)から禁止薬物のカフェインが検出されたことを発表した。(TCK
クラーベセクレタは同レースで2番人気におされたものの、3着。払い戻しは確定しているので変更はないが、失格扱いとなる模様。船橋・川島正行厩舎に在厩している馬については、禁止薬物の陰性が確認できるまでは、公正保持のため大井競馬に出走することができない。

故意とは考えづらい事件だけど、少なくとも川島厩舎の管理体制に問題があるということだろう。もちろんクラーベセクレタ自身に非があるわけではない。期待の高い馬だし、今後のレースで汚名を返上できると思う。