« | »

2011.07.14

ジャパンダートダービーはグレープブランデーが勝利

7/13、大井競馬場で行われた指定交流競走ジャパンダートダービー(3歳、Jpn1、ダート2000m)はJRAのグレープブランデーが勝った。2着もJRAのボレアス。羽田盃、東京ダービーと連勝していた船橋のクラーベセクレタは3着に敗れた。

グレープブランデーはJpn1初制覇。前走はユニコーンSでアイアムアクトレスの2着。追い込んで届かなかった前走と異なり、今日は先行4番手。3、4コーナーで仕掛け、直線入り口で先頭に。そのまま、追いすがるボレアス、クラーベセクレタを振り切り、1番人気に応えた。横山騎手の騎乗も良かった。
2着のボレアスも良い競馬をした。前走(ユニコーンS3着)ではグレープブランデーに2馬身離されたが、今日はアタマ差まで追い詰めた。中団、後方からいく馬だけに、展開に左右されやすそうなタイプ。もうちょっと先行力が欲しいところだ。
期待された船橋の3歳牝馬クラーベセクレタは3着まで。道中はグレープブランデーの直後に付け、仕掛けもほぼ同時だったものの、手応えが今ひとつに見えた。最後はボレアスにも交わされて3着まで。