« | »

2011.06.23

WIN5考察 1番人気騎手別成績

ちょっとWIN5の考察をば。1番人気の騎手がどのような成績なのかピックアップしてみた。


C.ウィリアムズ 1,5
N.ピンナ 5
安藤光彰 6
安藤勝己 4,5,9
横山典弘 1,1
岩田康誠 1,1,2,2,2,3
吉田隼人 5
戸崎圭太 15
三浦皇成 6
四位洋文 13
柴田善臣 2
小牧太 1
川須栄彦 6
川田将雅 1
川島信二 1
太宰啓介 6
丹内祐次 2
池添謙一 1
中舘英二 1
田中勝春 2
田辺裕信 1,3,5
藤岡佑介 2
藤田伸二 14
浜中俊 1,11
福永祐一 1
北村宏司 14
和田竜二 2,2
蛯名正義 2,2,6,7,14

騎手名の後ろが、WIN5該当レース(全45レース)での1番人気のときの着順。
6/13の時に書いたとおり、ここまでの45レースで1番人気は13勝(28.8%)。

こんな少ないサンプル数で、傾向もなにもあるか? という感じではあるが、少し考察してみよう。

この考察で重要なのは、「メイン、準メインということで、重要度、注目度、賞金の高いレース5つである」というところだ。気楽に乗れるレースなどないかもしれないが、G1や重賞を含む重要なレースでの結果というところが、ただの集計とは異なる。
重要なレースでの1番人気となれば、プレッシャーもあるだろうし、慎重にいかなければという気持ちも湧くだろう。そうした気持ちに打ち勝ち、1番人気となった馬の力を発揮させて勝ち切るのは、おそらく我々が考えるより難しいだろう。乗る騎手には、技術はもちろん、気持ちの強さも必要となる。

サンプルが少ないので、あくまで参考程度ではあるが、ここまでの傾向。

・横山騎手の1番人気2戦2勝は特筆もの。ここ1番での強さが光る。
・意外にも蛯名騎手は1番人気で5戦5敗。慎重に行きすぎに見える。同様に安藤勝騎手も3戦3敗。
・6回も1番人気で騎乗している岩田騎手。勝利は6回中2回と、1/3。多いと見るか少ないと見るか。

もちろん、この45レースにはG1もあれば条件戦もあるので、一概にはできないが、現状での傾向はこのようなところ。
横山騎手が1番人気で出てくれば信頼度を高めて良いかもしれないし、蛯名騎手、安藤勝騎手はちょっと疑ってみても良いかもしれない。