« | »

2011.06.03

安田記念 《G1レース予想》

安田記念の予想。旅に出てしまうので、ちょっと早いけど予想だけ。


どうやら天気はもちそうな週末。とくにスピード争いになる安田記念は良馬場でお願いしたいところ。

おそらく人気を背負うのはアパパネ。ヴィクトリアマイルでブエナビスタを倒し、5つめのG1、Jpn1を手にした新女王。牡牝混合G1は初出走ではあるが、ブエナがいないここは相手関係を考えれば1番人気に推されるのは間違いない。とくに本番での勝負根性に優れた馬だけに、ここも能力全開なら充分に勝機はありそうに思う。不安要素を上げるとすれば、先ほど書いた牡牝混合G1であること、前走激走の疲れが出ないかどうか、未知の外国馬との力関係はどうか、という点くらいだろう。だがここは敢えて2番手評価で。

本命はジョーカプチーノでいく。1番人気を背負った高松宮記念でまさかの10着。前走の京王杯でも3着に敗れ、人気を若干落とすのではないかと思う。ここは狙い目。東京1600mは3歳時にNHKマイルを勝った、適性の高いコース。外枠に入ったが、上手く流れに乗れれば最後まで伸びる脚はあるはず。

三番手▲評価にはクレバートウショウ。正直、武豊騎乗じゃなかったら本命にしようと思っていた。前走京王杯は内で包まれ脚を余して5着。今回も2枠4番と内枠なので、中団後方につけるようなら、同じ過ちを繰り返す可能性がある。前目に付けて好成績を残している馬だけに、積極的に乗って欲しい。でも豊は後ろから行きそうな気がする。

以下、△シルポート、△ストロングリターンあたり。シルポートは逃げ切りの可能性も結構あると思う。印は入れないが、3歳馬リアルインパクト、ようやく吉田豊から乗り替わったサンカルロあたりも要注意。

外国馬2頭はよく分からないので、見送り。来ちゃったら仕方ない。