« | »

2011.05.22

オークス 《G1レース回顧と馬券結果》

オークスの回顧と馬券結果。なんなのよ、この土砂降りは。


パドック周回中あたりから滝のような雨。マルセリーナあたりは明らかに雨を嫌がっているように見え、ちょっと残念なレースになってしまった。良馬場発表のままではあったものの、おそらくはぬかるみ始めたくらいのところでスタート。俺の本命ライステラスが好スタートを決めたが、大外から思い切ってピュアブリーゼが逃げ体制。シシリアンブリーズ、ライステラスとともに3頭で先行。1000m60.7秒。平均くらいのペースか。直線、逃げるピュアブリーゼが粘るところ、馬群から7番人気エリンコート、外から2番人気ホエールキャプチャが伸びてきて、3頭横一線にも見えたが、真ん中エリンコートがクビ差2頭を抑えて勝っていた。2着争いはハナ差8番人気ピュアブリーゼがホエールキャプチャを抑えて粘った。1番人気マルセリーナは4着まで。

勝ったエリンコートは重賞初挑戦でのG1勝利。500万下、オープンと連勝して好調ではあったのだろうが、それにしても素晴らしい競馬を見せた。父はデュランダル。普通に考えると2400mは長いように思えるけど、勝ちタイムもここ10年で2番目に良いもので、スローのヨーイドンに勝ったというだけではない。大荒れの中の勝利だったことで、真価を問われるのは秋以降になると思うが、もう一回り成長して、競馬を盛り上げて欲しいね。

ピュアブリーゼは逃げ粘っての2着。柴田騎手の判断なのか、調教師の指示かは知らないが、どちらにしても良い判断だった。雨も味方につけたということだろう。父モンズーンはドイツのリーディングサイヤーにもなったことのある種牡馬だが、日本ではほとんどなじみがない。いわゆる~~系と言われるような主流血脈には属さない、珍しい系統の血統だ。

3着のホエールキャプチャは後方からよく追い込んだものの、最後は届き切らず。こういうタイプなんじゃないかとは思うけど、完全な良馬場でやらせてあげたかった。

4着に敗れた1番人気のマルセリーナ。後方を追走して、最後の直線だけ詰めてきたものの、勝負には絡めず。雨をかなり嫌がっていたように見えた。ちょっと可哀想だったね。

俺の本命12番人気ライステラス13着。ロケットスタート。ピュアブリーゼが主張したので下げたけど、これは仕方のないところ。直線ではもう脚が無く、ズルズル後退。雨も良くなかったのではないかと思う。直線までは楽しめたのだからよしとしておこう。